WinSCPを使ってWordPressをアップロード

WordPressをインストールするには、WordPressのファイルをサーバーにアップロード
する必要があります。

当サイトでは、ファイル送受信するソフトとして、SSHで暗号化してファイルを暗号化して送受信できるWinSCPを使用して行います。
 

WinSCPのインストール、設定


 
フリーソフトです。ダウロードして、自端末にインストールします。
 
次に、PuTTYgen(WinSCPの付属ツール)というツールを使ってPrivate Keyの方式を変換します。
WinSCPはPuTTY形式を使用するのに対し、Linuxサーバーで作成した方式はOpenSSH方式で違いがあるためです。
 
スタート→プログラム→WinSCP→鍵関連ツール→PuTTYgenを選択し、起動します。
PuTTY初期画面
上図のように”Load”ボタンを押します。サーバーからログインしたPrivate Keyのファイル名を指定します。
 
「Successly imported~」をポップアップが表示されますので、「OK」を押します。
PuTTY Save
 
上図のように”Save private key”ボタンを押します。
「Are you sure~」とパスフレーズが空欄のままで良いかとプロンプトが表示されますが、そのまま「OK」を押します。
 
変換後のファイル名を選択して「保存」を押します。
これで、WinSCPで使用できるPrivate Keyが作成できました。
 

WinSCPでレンタルサーバーにログイン


 
WinSCPを起動します。
WinSCP
 
上図の赤枠の部分を適宜入力し、ログインボタンを押します。
 
ファイルプロトコル:SFTP
ホスト名:レンタルサーバーのIPアドレス又はドメイン名
ユーザー名:サーバーで作業するユーザーアカウント名
秘密鍵:Puttygenで変換したPrivate Keyファイル名
 
下図のように、ファイルを送受信する画面が表示されます。
WinSCPログイン後
 

WordPressのアップロード


 
ファイルを送受信できる準備が整いましたので、WordPressをアップロードします。
WordPressの公式サイトからWordPressを自端末にダウンロードします。
 
WordPressの圧縮ファイルを解凍します。
 
そして、レンタルサーバー側のどのディレクトリにWordPressのファイルをアップロードするかについては、Apacheの設定方法によります。
 
管理人のApacheの設定では、/var/www/htmlディレクトリが、Webのコンテンツの置き場所として設定されていたので、/var/www/htmlを使用しています。
 
まず、サーバー側にWordPress用のディレクトリを/var/www/htmlの下に作成します。
WinSCPのサーバー側ウィンドウ内で右クリック→新規→ディレクトリ
 
その作成したディレクトリに、解凍したWordPressのwordpressフォルダ内のファイルすべてをアップロードします。
WordPressアップロード
 
以上で、WordPressのファイルアップロードが完了です。

関連記事の目次
VPSサーバーでスナップショットを取得
~障害に備え、リカバリーポイントを作成。
VPSサーバーにログインして、設定内容を確認
~グローバルIPアドレス確認、SSHキーを作成。
VPSサーバーにSSHでログイン
~Tera Term、SSH、公開鍵認証方式
yumコマンドで最新のパッケージにアップデート
~全パッケージを最新にアップデート
Apacheのインストール
~yumコマンドでApacheインストール、iptablesでファイアウォールの設定
PHPとMySQLをインストール
~yumコマンドでPHP、MySQLインストール
WinSCPを使ってWordPressをアップロード
~WinSCPをクライアントPCにインストール、ファイルアップロード方法
WordPressをインストール
~MySQLでWordPress用データベース作成、wp-config.phpファイルの設定
CentOSのファイアウォール設定
~iptablesを使ってネットワークフィルタリング設定を一から行う
OpenSSHの設定をよりセキュアに
~ログイン制限、ポート変更、認証方式
ApacheでTCPのTraceメソッドを無効にする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
ヘッダーにApacheバージョンが表示されないようにする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
Apacheでディレクトリ内一覧表示を無効にする
~autoindex_moduleのロードを無効にする
セキュリティを考慮し、MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
~MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
PHPのバージョンが表示されないようにする
~php.iniの設定変更
WordPressディレクトリのパーミッションをセキュアに
~WordPress用ディレクトリの所有グループ、ユーザー、パーミッション設定
パーマリンク設定時のApache設定
~WordPressパーマリンクの設定、Apache .htaccessの設定
WordPressテーマの選定
~テーマ追加の特徴フィルターの項目、テンプレートキング
WordPressで画像のアップロード、サイズ調整、リンクを設定
~アップロード画像の画像サイズ、サムネイル、画像編集、リンク設定
更新可能なRPMパッケージのリストをメールで送信する
~yumコマンド、Bashスクリプト、Cron
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(1)
~du --max-depth
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(2)
~duコマンド、sortコマンド
WordPressデータベースのバックアップとリストア
~コマンドラインでバックアップ、リストア
WordPressのバージョンアップと旧バージョンへの戻し
~データベースとディレクトリのバックアップ、リストア
BashスクリプトでWordPressデータベースを自動バックアップ
~MySQLデータベースをBash、Cronを使って自動バックアップ、メール通知
BashスクリプトでDos攻撃など大量アクセスのログを検知
~Apacheアクセスログ、Dos、Cron、メール通知
テーマ作成
 
ブートストラップ3を使って自作テーマ作成
~Bootstrap3、自作テーマ作成、TwentyFourteen
Bootstrapのフリーのテーマを使ってデザインを簡単にカスタマイズ
~Bootstrap3のスタイルをカスタマイズ
 
WordPresssショートコード
 
簡単なショートコードを作ってみる
~ショートコードの作り方
ショートコードを使って関連記事のリンクを自動で挿入
~ショートコードの簡単なサンプル
ショートコードを使ってディレクトリ内のファイル名を取得し、投稿内にリンクを挿入
~カスタムフィールド利用、PHPで日本語文字列検索などのコーディング
 
AJAX、AngularJSなどその他応用
 
WordPress投稿内でAngularJSを使用
~AngularJS、Bootstrap、アコーディオン
Bootstrap3で作成したナビゲーションメニューをAngularJSに変更
~AngularJS、Bootstrap、自作テーマheder.php
WordPressでAngularJSを使ったGoogleマップを使えるようにする
~AngularJSを使って投稿内にGoogleマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です