CentOSのumaskの設定

ファイル作成時のパーミッションを指定するumaskの設定についてまとめました。

umaskとは?


 
・ファイル作成時のパーミッションは、このumaskの値によって決められる。
・umaskの値は、許可しないビットが指定されている。例えば、”002″が指定されている場合は、所有者とグループはすべて許可、その他ユーザーは書込みが禁止されていることになる。
 

umaskの設定値の推奨


 
・セキュリティの面からはumaskの設定を077にすることが推奨(自分が作成したファイルやディレクトリが他のユーザー(グループも含め)によってアクセスできないようにする)。
・ただし、頻繁にファイルの共有を行っているユーザーにとっては不便なので調整が必要。
 

CentOS6でのデフォルトのumask設定


 
CentOS6.2では、/etc/bashrc、/etc/profileに下記のように設定されています。

# Current threshold for system reserved uid/gids is 200
# You could check uidgid reservation validity in
# /usr/share/doc/setup-*/uidgid file
if [ $UID -gt 199 ] && [ "`id -gn`" = "`id -un`" ]; then
 umask 002
else
 umask 022
fi

システムで予約されているユーザーアカウントのumaskは”022″でグループに対して書込みを禁止して制限を強くしています。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です