ブートストラップ3を使って自作テーマ作成(2)ブートストラップのサンプルを使ってindex.phpを作成

今回は、ブートストラップ3を導入、テンプレートディレクトリの作成、ブートストラップ3のサンプルコードを使ってindex.phpを作成、テーマを有効にして動作確認するところまで行います。

(1)テーマディレクトリを作成、ブートストラップ3を導入
 
①”wp-content/themes”ディレクトリ内にテーマ用のディレクトリを作成
 
②ブートストラップの公式サイトからブートストラップをダウンロード。ダウンロードしたブートストラップを”bootstrap”フォルダー毎上記ディレクトリ内にコピー
 
 
(2)スタイルシート(style.css)ファイルの作成
 
1)style.cssの冒頭にテーマ詳細情報を記述
 
①”style.css”という名前でファイルを作成します。
 
②テーマ名、著者、テーマ説明などテーマ詳細情報を記述します。ここに記載した情報がWordPress管理画面のテーマ一覧画面などで表示されます。
 
(設定例)
/*
Theme Name: Twenty Ten
Theme URI: http://wordpress.org/
Description: The 2010 default theme for WordPress.
Author: wordpressdotorg
Author URI: http://wordpress.org/
Version: 1.0
Tags: black, blue, white, two-columns, fixed-width, custom-header, custom-background, threaded-comments, sticky-post, translation-ready, microformats, rtl-language-support, editor-style, custom-menu (optional)

License:
License URI:

General comments (optional).
*/
 
③ブートストラップファイルをインポートする記述を追加
 
下記記述を追加します。
 
@import url(‘bootstrap/css/bootstrap.css’);
 
 
(3)WordPress管理画面のテーマ設定画面で表示されるテーマの画像を用意し、アップロード。
 
“screenshot.png”という名前で300x225pxサイズの画像を用意し、アップロードします。
 
 
(4)TwentyFourteenのfunctions.phpとinc、js、cssディレクトリをコピー
 
WordPressテンプレート関数については、とりあえずTwentyFourteenのテーマのものを流用します。
 
 
(5)ブートストラップ3のサンプルコードを使って最小構成のテンプレート作成
 
①ブートストラップ3のoffcavasのサンプルを入手する。
 
公式サイトからソース版をダウンロード。
“examples”フォルダ内の”offcanvas”フォルダ内から入手。
 
②”offcanvas”フォルダのindex.htmlをindex.phpにリネームしてアップロード
 
index.phpの下記部分を修正する
修正前)
<!– Bootstrap core CSS –>
<link href=”../../dist/css/bootstrap.css” rel=”stylesheet”>

修正後)
<!– Bootstrap core CSS –>
<link href=”<?php bloginfo(‘stylesheet_url’);?>” rel=”stylesheet”>
 
③”offcanvas”フォルダのoffcanvas.css内の記述内容をstyle.cssにコピー
 
 
(6)テーマを有効にし、ブラウザで表示確認
 
①WordPress管理画面にログインし、テーマを有効にする。
 
外観→テーマ→利用可能なテーマ
 
作成したテーマが(3)でアップロードした画像とともに表示されている事を確認し、有効化する。
 
②ブラウザで表示確認
 
JavaScriptの設定はまだ行っていないのでドロップダウンメニューは動作しませんが、デザインは下記と同じようになっている事を確認します。
http://getbootstrap.com/examples/offcanvas/
 
「ブートストラップ3を使って自作テーマ作成」の目次へ

関連記事の目次
VPSサーバーでスナップショットを取得
~障害に備え、リカバリーポイントを作成。
VPSサーバーにログインして、設定内容を確認
~グローバルIPアドレス確認、SSHキーを作成。
VPSサーバーにSSHでログイン
~Tera Term、SSH、公開鍵認証方式
yumコマンドで最新のパッケージにアップデート
~全パッケージを最新にアップデート
Apacheのインストール
~yumコマンドでApacheインストール、iptablesでファイアウォールの設定
PHPとMySQLをインストール
~yumコマンドでPHP、MySQLインストール
WinSCPを使ってWordPressをアップロード
~WinSCPをクライアントPCにインストール、ファイルアップロード方法
WordPressをインストール
~MySQLでWordPress用データベース作成、wp-config.phpファイルの設定
CentOSのファイアウォール設定
~iptablesを使ってネットワークフィルタリング設定を一から行う
OpenSSHの設定をよりセキュアに
~ログイン制限、ポート変更、認証方式
ApacheでTCPのTraceメソッドを無効にする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
ヘッダーにApacheバージョンが表示されないようにする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
Apacheでディレクトリ内一覧表示を無効にする
~autoindex_moduleのロードを無効にする
セキュリティを考慮し、MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
~MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
PHPのバージョンが表示されないようにする
~php.iniの設定変更
WordPressディレクトリのパーミッションをセキュアに
~WordPress用ディレクトリの所有グループ、ユーザー、パーミッション設定
パーマリンク設定時のApache設定
~WordPressパーマリンクの設定、Apache .htaccessの設定
WordPressテーマの選定
~テーマ追加の特徴フィルターの項目、テンプレートキング
WordPressで画像のアップロード、サイズ調整、リンクを設定
~アップロード画像の画像サイズ、サムネイル、画像編集、リンク設定
更新可能なRPMパッケージのリストをメールで送信する
~yumコマンド、Bashスクリプト、Cron
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(1)
~du --max-depth
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(2)
~duコマンド、sortコマンド
WordPressデータベースのバックアップとリストア
~コマンドラインでバックアップ、リストア
WordPressのバージョンアップと旧バージョンへの戻し
~データベースとディレクトリのバックアップ、リストア
BashスクリプトでWordPressデータベースを自動バックアップ
~MySQLデータベースをBash、Cronを使って自動バックアップ、メール通知
BashスクリプトでDos攻撃など大量アクセスのログを検知
~Apacheアクセスログ、Dos、Cron、メール通知
テーマ作成
 
ブートストラップ3を使って自作テーマ作成
~Bootstrap3、自作テーマ作成、TwentyFourteen
Bootstrapのフリーのテーマを使ってデザインを簡単にカスタマイズ
~Bootstrap3のスタイルをカスタマイズ
 
WordPresssショートコード
 
簡単なショートコードを作ってみる
~ショートコードの作り方
ショートコードを使って関連記事のリンクを自動で挿入
~ショートコードの簡単なサンプル
ショートコードを使ってディレクトリ内のファイル名を取得し、投稿内にリンクを挿入
~カスタムフィールド利用、PHPで日本語文字列検索などのコーディング
 
AJAX、AngularJSなどその他応用
 
WordPress投稿内でAngularJSを使用
~AngularJS、Bootstrap、アコーディオン
Bootstrap3で作成したナビゲーションメニューをAngularJSに変更
~AngularJS、Bootstrap、自作テーマheder.php
WordPressでAngularJSを使ったGoogleマップを使えるようにする
~AngularJSを使って投稿内にGoogleマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です