ausearch、aureportで監査ログのサマリレポートを作成

ausearch、aureportでauditdのサマリレポートを作成する方法についてです。

下記資料を参考にしました。
NSA(National Security Agency)の『Guide to the Secure Configuration of Red Hat Enterprise Linux 5』
 

1)概要


 
・aureportというツールでauditdが取得した監査ログのサマリーレポートを生成できます。
 
・ausearchで調べたい項目をキーとして指定して、膨大な量のログの中から抽出してからaureportでレポートを抽出する事も出来ます。
 
・cronジョブに登録して定期的に実行出来ます。
 

2)ausearchの使用例


 
例えば監査ルール(/etc/audit/audit.rules)定義で、下記のように”identity”をキーとして指定している場合、
-w /etc/group -p wa -k identity
ログファイル(/var/log/audit/audit.log)には、下記のように記録されます。
 
type=CONFIG_CHANGE msg=audit(1391652196.880:8): auid=501 ses=17798 op=”add rule” key=”identity” list=4 res=1
type=SYSCALL msg=audit(1391652211.097:9): arch=c000003e syscall=268 success=yes exit=0 a0=ffffffffffffff9c a1=196b0f0 a2=1b4 a3=7fff670c5020 items=1 ppid=7262 pid=7615 auid=501 uid=0 gid=0 euid=0 suid=0 fsuid=0 egid=0 sgid=0 fsgid=0 tty=pts1 ses=17798 comm=”chmod” exe=”/bin/chmod” key=”identity”
 
膨大の量のログ記録のなかからキーが”identity”の監査ログを抽出したい場合は、下記のようにausearchを実行します。
 
# ausearch –key identity
 
—-
time->Thu Feb 6 11:03:16 2014
type=CONFIG_CHANGE msg=audit(1391652196.880:8): auid=501 ses=17798 op=”add rule” key=”identity” list=4 res=1
—-
time->Thu Feb 6 11:03:31 2014
type=PATH msg=audit(1391652211.097:9): item=0 name=”passwd” inode=915545 dev=fd:00 mode=0100644 ouid=0 ogid=0 rdev=00:00
type=CWD msg=audit(1391652211.097:9): cwd=”/etc”
type=SYSCALL msg=audit(1391652211.097:9): arch=c000003e syscall=268 success=yes exit=0 a0=ffffffffffffff9c a1=196b0f0 a2=1b4 a3=7fff670c5020 items=1 ppid=7262 pid=7615 auid=501 uid=0 gid=0 euid=0 suid=0 fsuid=0 egid=0 sgid=0 fsgid=0 tty=pts1 ses=17798 comm=”chmod” exe=”/bin/chmod” key=”identity”
  :
※デフォルトでは、上記のように”—-“で区切り日時を出力してフォーマットされています。ログ出力を整形しないで生データのまま出力する場合は”–row”オプションを使用します。aureportのパイプで連携する場合は、”–row”オプションを使用します。
 

3)aureportの使用方法


 
下記オプションなどを適宜指定します。
 
-l
 ログインに関するレポート
-i
 uidの数値からアカウント名など数値からテキスト名に変換する
-ts [start-date] [start-time]
 レポート対象のログの開始タイムスタンプ
-te [stop-date] [stpo-time]
 レポート対象のログの終了タイムスタンプ
-k, –key
 キーを指定した監査ログをレポート
–summary
 メインレポートの要素のトータルを提供するサマリーレポート
-f
 ファイルについてレポート
-x
 実行(executables)についてレポート
-u, –user
 ユーザーについてレポート
-n, –anomaly
 アノーマリーイベントについてレポート
 
 

4)aureport使用例


 
・全ユーザーのログインに関するデイリーレポート
 
# aureport -l -i -ts yesterday -te today
 
・すべての監査アクティビティをキーごとのサマリでレポート
 
# aureport –key –summary
 
・ファイルに対する権限違反が目立ってきた場合などに、ファイル権限に関する監査ログのみレビュー。監査ルール定義で指定したキー値を指定して必要な情報のみ出力
 
# ausearch –key キー値 –raw | aureport -f –summary
 
・どのようなファイルが実行されているかレビュー。監査ルール定義で指定したキー値を指定して必要な情報のみ出力
 
# ausearch –key キー値 –raw | aureport -x –summary
 
・”/etc/shadow”ファイルに対してアクセス違反があって、どのユーザーによるものか調べる場合
 
# ausearch –key キー値 –file /etc/shadow –raw | aureport –user –summary -i
 
・通常行われない操作(プロミスキャストモードにデバイスを変更、プロセスの異常終了、ログイン失敗が閾値に到達など)をチェックしたい場合
 
# aureport –anomaly

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です