ブートストラップ3を使って自作テーマ作成(1)全体概要

スタイルやJavaScriptはブートストラップ3を使用し、基本的なWordPressテンプレートタグは”TwentyFourteen”のテーマを流用して自作テーマを作成する手順をまとめました。

目的


 
・実際に一からテーマを作成する事によってテーマの構成、仕組みを理解したい。
 
・テーマの構成、仕組みを一度理解すれば、出来合いのテーマをカスタマイズする事も出来るのではないかと思っています。
 
今まで何度か出来合いのテーマをカスタマイズしようと思ったことがありましたが、どこを変更したらよいのか分からなかったり、コードを変更すると意図していない部分が変わってしまったりしていました。
 
・個人的にスタイルシートやJavaScriptについての知識・経験が少ないのと、ブラウザによる依存性などを個別に考慮することは避けたかったため、ブートストラップ3を介して設定するようにしました。
 
ブートストラップ3自体もブラウザに対して対応、非対応がありますが、ブートストラップ3が対応していないブラウザについては、あきらめるというスタンスです。
 
・ブートストラップ3を使用する事によってモバイル対応、レスポンシブデザインも簡単に作成出来ます。
 
ブートストラップにはJavaScriptのコンポーネントもあるので、ドロップダウンメニューや折り畳み(Collapse)も簡単に作成できます。
 
・ブートストラップ3のサンプルコードもいくつか用意されているので、それを流用したカスタマイズすると簡単に作成する事が出来ます。
 

環境


 
・サーバー
 CentOS6.4
 
・WordPressバージョン
 3.8.1
 
・ブートストラップバージョン
 3.0.3
 
●目次
 
(1)全体概要
(2)ブートストラップのサンプルを使ってindex.phpを作成
(3)header.php、sidebar.php、footer.php、index.phpのテンプレートファイル作成
(4)JavaScriptインクルードの設定
(5)投稿本文表示用のテンプレートファイルを作成
(6)単一投稿用(single.php)のテンプレートファイル作成
(7)固定ページ用(page.php)のテンプレートファイル作成
(8)検索結果表示用(search.php)のテンプレートファイル作成
(9)アーカイブ表示用(archive.php)のテンプレートファイル作成
(10)カテゴリー表示用(category.php)のテンプレートファイル作成
(11)WordPressのメニュー画面でナビゲーションメニューを設定
(12)サイトタイトル、キャッチフレーズを表示できるようにheader.phpを修正
(13)カスタムヘッダー画像を使えるようにheader.phpを修正
(14)404.phpテンプレートファイルを作成
(15)記事タイトル部分のCSS設定
(16)記事メタデータ部分のCSS設定
(17)記事本文部分のCSS設定
(18)前後のページへのリンクのCSS設定
(19)前後の投稿へのリンクのCSS設定
(20)コメント投稿フォーム、コメント表示部のCSS設定
(21)ウィジェット部のCSS設定
(22)アーカイブページのCSS設定
(23)画面を左右にスライドさせるボタンのCSS設定

関連記事の目次
VPSサーバーでスナップショットを取得
~障害に備え、リカバリーポイントを作成。
VPSサーバーにログインして、設定内容を確認
~グローバルIPアドレス確認、SSHキーを作成。
VPSサーバーにSSHでログイン
~Tera Term、SSH、公開鍵認証方式
yumコマンドで最新のパッケージにアップデート
~全パッケージを最新にアップデート
Apacheのインストール
~yumコマンドでApacheインストール、iptablesでファイアウォールの設定
PHPとMySQLをインストール
~yumコマンドでPHP、MySQLインストール
WinSCPを使ってWordPressをアップロード
~WinSCPをクライアントPCにインストール、ファイルアップロード方法
WordPressをインストール
~MySQLでWordPress用データベース作成、wp-config.phpファイルの設定
CentOSのファイアウォール設定
~iptablesを使ってネットワークフィルタリング設定を一から行う
OpenSSHの設定をよりセキュアに
~ログイン制限、ポート変更、認証方式
ApacheでTCPのTraceメソッドを無効にする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
ヘッダーにApacheバージョンが表示されないようにする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
Apacheでディレクトリ内一覧表示を無効にする
~autoindex_moduleのロードを無効にする
セキュリティを考慮し、MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
~MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
PHPのバージョンが表示されないようにする
~php.iniの設定変更
WordPressディレクトリのパーミッションをセキュアに
~WordPress用ディレクトリの所有グループ、ユーザー、パーミッション設定
パーマリンク設定時のApache設定
~WordPressパーマリンクの設定、Apache .htaccessの設定
WordPressテーマの選定
~テーマ追加の特徴フィルターの項目、テンプレートキング
WordPressで画像のアップロード、サイズ調整、リンクを設定
~アップロード画像の画像サイズ、サムネイル、画像編集、リンク設定
更新可能なRPMパッケージのリストをメールで送信する
~yumコマンド、Bashスクリプト、Cron
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(1)
~du --max-depth
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(2)
~duコマンド、sortコマンド
WordPressデータベースのバックアップとリストア
~コマンドラインでバックアップ、リストア
WordPressのバージョンアップと旧バージョンへの戻し
~データベースとディレクトリのバックアップ、リストア
BashスクリプトでWordPressデータベースを自動バックアップ
~MySQLデータベースをBash、Cronを使って自動バックアップ、メール通知
BashスクリプトでDos攻撃など大量アクセスのログを検知
~Apacheアクセスログ、Dos、Cron、メール通知
テーマ作成
 
ブートストラップ3を使って自作テーマ作成
~Bootstrap3、自作テーマ作成、TwentyFourteen
Bootstrapのフリーのテーマを使ってデザインを簡単にカスタマイズ
~Bootstrap3のスタイルをカスタマイズ
 
WordPresssショートコード
 
簡単なショートコードを作ってみる
~ショートコードの作り方
ショートコードを使って関連記事のリンクを自動で挿入
~ショートコードの簡単なサンプル
ショートコードを使ってディレクトリ内のファイル名を取得し、投稿内にリンクを挿入
~カスタムフィールド利用、PHPで日本語文字列検索などのコーディング
 
AJAX、AngularJSなどその他応用
 
WordPress投稿内でAngularJSを使用
~AngularJS、Bootstrap、アコーディオン
Bootstrap3で作成したナビゲーションメニューをAngularJSに変更
~AngularJS、Bootstrap、自作テーマheder.php
WordPressでAngularJSを使ったGoogleマップを使えるようにする
~AngularJSを使って投稿内にGoogleマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です