CentOSのパスワードファイルのパーミッション設定

CentOSのパスワードファイルの推奨パーミッション設定についてです。
※参考資料
NSA(National Security Agency)の『Guide to the Secure Configuration of Red Hat Enterprise Linux 5』

CentOSのパスワードファイル


 
①ユーザー
passwd, shadow
 
②グループ
group , gshadow
 

推奨の設定


 
・多くのユーティリティが”passwd”ファイルへの読込アクセスを必要とするが、”shadow”ファイルへの読込アクセスは、悪意のある攻撃者によるシステムパスワードの取得の恐れがあるので所有者のみ読込可とする。
 
①passwd、group
・所有者 root:root
・モード 644
 
②shadow、gshadow
・所有者 root:root
・モード 400
 

CentOS6.4での設定確認


 

$ ls -al passwd*
-rw-r--r--  1 root root 1996 10月  2 07:10 2013 passwd
-rw-------. 1 root root 1955  9月  8 22:33 2013 passwd-
 
$ ls -al group*
-rw-r--r--  1 root root 828 10月  2 07:10 2013 group
-rw-------. 1 root root 814  8月 10 13:05 2013 group-
 
$ ls -al *shadow*
----------  1 root root  685 10月  2 07:10 2013 gshadow
-rw-------. 1 root root  674  8月 10 13:05 2013 gshadow-
----------  1 root root 1897 10月  2 07:10 2013 shadow
----------. 1 root root 1772  8月 30 16:49 2013 shadow-

※ファイルの末尾のスラッシュは?
 
上記確認例で、”passwd-“、”gshadow-“のようにファイル名の末尾に”-“がついているファイルがありますが、これはバックアップのようです。
 
※パーミッションのモードの右端のドッドは?
 
パーミッションのモード部分に”-rw——-.”のように右端にドッドがついているファイルがあります。
 
これは下記サイトによると
参考サイト
SELinuxのセキュリティコンテキストが付いているファイル、との事です。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です