rootアカウントのPATH環境変数のセキュリティについて

rootユーザーのPATH環境変数に信頼できないディレクトリを設定するとセキュリティ上のリスクが増大するので注意します。

rootユーザーで不明なプログラムや信頼できないプログラムを実行しないように注意します。そのプログラム内に悪意のあるコードが含まれている可能性があります。
 
rootアカウントのPATH環境変数の設定値を確認するには?
 
rootのログインシェルで下記を実行します。
 
# echo $PATH
 
rootのPATH環境変数に相対パス、Nullのディレクトリが指定されていないか確認
 
・PATH環境変数内にカレントディレクトリを示すドットの文字や相対ディレクトリでディレクトリが指定されていると意図したディレクトリとは異なるディレクトリ内の信頼できないプログラムを実行してしまう恐れがあります。
 
・PATH環境変数内に下記が設定されていないか確認します。
 ・カレントディレクトリを示すドット”.”
 ・親ディレクトリを示すダブルドッド”..”
 ・スラッシュ”/”以外で始まる相対パス
 ・下記のようにNullが指定されていないか。
PATH=:/bin(先頭がNull)
PATH=/bin:(最後がNull)
PATH=/bin::/sbin(途中がNull)
 
rootのPATH環境変数内に設定されているディレクトリに所有者以外の書込み権限が付与されていないか確認
 
PATH環境変数内に設定されている各ディレクトリに対し下記コマンドを実行し、書込み権限が付与されていないか確認します。
 
# ls -ld ディレクトリ

関連記事の目次
 
ネットワーク、ポート番号
  • iptablesを使ってCentOSのファイアウォール設定
  • nmapでオープンしているポート番号とバージョンを確認
  •  
    yum、rpmパッケージ、サービス
  • CentOSで不要なサービスは起動しないようにする
  • RPMパッケージのインテグリティチェック
  •  
    パーミッション
  • cronで使用するファイルのパーミッション設定
  • CentOSのumaskの設定
  • ユーザーホームディレクトリ内の権限設定をセキュアにする
  • CentOSのパスワードファイルのパーミッション設定
  • findコマンドでファイル書込権限をいっせいにチェック
  • findコマンドでセットユーザ(グループ)IDが不要にセットされていないかチェック
  • findコマンドで所有者、グループが存在しないファイルを抽出
  •  
    ログイン、認証、パスワード、アカウント制御
  • ログイン時などに表示されるシステムバナーを変更するには?
  • CentOSのユーザーアカウントのパスワードポリシーを設定
  • pam_cracklibモジュールでパスワードポリシーを設定
  • pam_unix.soモジュールを使って過去のパスワード再使用を制限する
  • システムコンソールでのrootログインを制限する方法
  • suコマンドによるrootへのスイッチを制限する
  • root権限でのコマンド実行、sudoだと監査ログが取得できる
  • デーモン用アカウントなどに対しシェルを使用を無効にする
  • パスワード認証を失敗時にアカウントをロックアウトする設定
  • rootアカウントのPATH環境変数のセキュリティについて
  •  
    auditdでシステム監査
  • auditdを使ってシステム監査
  • auditdのログ容量の設定
  • auditd監査ルールの設定方法
  • auditdで時間設定変更操作を監査する
  • auditdでユーザー・グループ設定ファイル変更操作を監査する
  • auditdでネットワーク関連の設定変更を監査する
  • auditdでログイン記録のログファイルの変更を監査する
  • auditdでファイル所有者や権限の変更に関するイベントを監査する
  • auditdでsetuid、setgidプログラムの実行を監査する
  • auditdでマウント操作を監査する
  • auditdでファイル削除操作を監査する
  • auditdでsudo設定ファイルに対する操作を監査する
  • auditdでカーネルモジュールのロード、アンロードを監査する
  • マシン再起動後にauditdの設定変更を有効にする設定
  • ausearch、aureportで監査ログのサマリレポートを作成
  •  
    ツール
  • NTPのセキュリティを考慮した設定
  • セキュリティを考慮してX Windowsを設定または削除する方法
  • ファイルの改ざん対策用にTripwireを導入
  • CentOSにホスト型侵入検知ソフトAIDE(Advanced Intrusion Detection Environment)を導入
  •  
    トラブルシューティング
  • アイドルのシェルを自動で強制終了させるには?
  • CentOSでコアダンプを無効にする方法
  • Linuxのbash脆弱性CVE-2014-6271、Shellshockを修整
  • CentOSでバッファーオーバーフロー脆弱性に対する防御機能が有効になっているか確認する

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です