ブートストラップ3を使って自作テーマ作成(21)ウィジェット部のCSS設定

右サイドバーには、ウィジェットを使ってアーカイブ、カテゴリーなどのリンクを表示出来ますが、この部分のスタイル設定を行います。

CSSクラスの確認


 
実際にHTMLのソースを見て使用されているCSSクラスを確認します。ウィジェットにある日付アーカイブのリンクは下記のようなHTMLになっています。
 
“content-sidebar”、”widget widget_archive”などのCSSクラスが使用されています。

<div id="content-sidebar" class="content-sidebar widget-area" role="complementary">
  <aside id="archives-2" class="widget widget_archive"><h1 class="widget-title">アーカイブ</h1>		<ul>
    <li><a href='http://・・・/2014/02/'>2014年2月</a></li>
   :
   :

 

TwentyFourteenでの設定場所


 
上記コードはテンプレートファイル内には記述されていなく、functions.php内の関数によって生成されています。

(sidebar.php)
<?php dynamic_sidebar( 'sidebar-2' ); ?>
 
(functions.php)
register_sidebar( array(
                'name'          => __( 'Content Sidebar', 'twentyfourteen' ),
                'id'            => 'sidebar-2',
                'description'   => __( 'Additional sidebar that appears on the r
ight.', 'twentyfourteen' ),
                'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">',
                'after_widget'  => '</aside>',
                'before_title'  => '<h1 class="widget-title">',
                'after_title'   => '</h1>',
        ) );

 
※TwentyFourteenのサイドバーについて
 
TwentyFourteenでは左右のサードバーが設定されていて、左サイドバーをメインサイドバー、右サイドバーをコンテンツサイドバーとしていて、役割やスタイルの設定も分けています。
 
・メインサイドバー(左)
 テンプレートファイル:sidebar.php
 style.cssでの設定場所:* 7.1 Widgets
 
・コンテンツサイドバー(右)
 テンプレートファイル:sidebar-content.php
 style.cssでの設定場所:* 7.2 Content Sidebar Widgets
 

TwentyFourteenのstyle.cssの設定をベースに設定


 
今回は右サイドバーの設定を行っていますので、TwentyFourteenのstyle.cssの”* 7.2 Content Sidebar Widgets”の部分をコピーし、自分の好みに応じて適宜修正します。
 
●修正例
 
上部のタイトル部分との余白がないため、下記設定を追加しました。
#content-sidebar {
 margin-top: 10px;
}
以下設定例です。

/**
 * 7.2 Content Sidebar Widgets
 * -----------------------------------------------------------------------------
 */
#content-sidebar {
        margin-top: 10px;
}
.content-sidebar .widget a {
        color: #24890d;
}
  :
  :

「ブートストラップ3を使って自作テーマ作成」の目次へ

関連記事の目次
VPSサーバーでスナップショットを取得
~障害に備え、リカバリーポイントを作成。
VPSサーバーにログインして、設定内容を確認
~グローバルIPアドレス確認、SSHキーを作成。
VPSサーバーにSSHでログイン
~Tera Term、SSH、公開鍵認証方式
yumコマンドで最新のパッケージにアップデート
~全パッケージを最新にアップデート
Apacheのインストール
~yumコマンドでApacheインストール、iptablesでファイアウォールの設定
PHPとMySQLをインストール
~yumコマンドでPHP、MySQLインストール
WinSCPを使ってWordPressをアップロード
~WinSCPをクライアントPCにインストール、ファイルアップロード方法
WordPressをインストール
~MySQLでWordPress用データベース作成、wp-config.phpファイルの設定
CentOSのファイアウォール設定
~iptablesを使ってネットワークフィルタリング設定を一から行う
OpenSSHの設定をよりセキュアに
~ログイン制限、ポート変更、認証方式
ApacheでTCPのTraceメソッドを無効にする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
ヘッダーにApacheバージョンが表示されないようにする
~Apacheの設定変更、Telnetで動作確認
Apacheでディレクトリ内一覧表示を無効にする
~autoindex_moduleのロードを無効にする
セキュリティを考慮し、MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
~MySQLの匿名ユーザーにパスワードを設定、または削除
PHPのバージョンが表示されないようにする
~php.iniの設定変更
WordPressディレクトリのパーミッションをセキュアに
~WordPress用ディレクトリの所有グループ、ユーザー、パーミッション設定
パーマリンク設定時のApache設定
~WordPressパーマリンクの設定、Apache .htaccessの設定
WordPressテーマの選定
~テーマ追加の特徴フィルターの項目、テンプレートキング
WordPressで画像のアップロード、サイズ調整、リンクを設定
~アップロード画像の画像サイズ、サムネイル、画像編集、リンク設定
更新可能なRPMパッケージのリストをメールで送信する
~yumコマンド、Bashスクリプト、Cron
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(1)
~du --max-depth
Linuxでディスク使用量が多いディレクトリを調べる方法(2)
~duコマンド、sortコマンド
WordPressデータベースのバックアップとリストア
~コマンドラインでバックアップ、リストア
WordPressのバージョンアップと旧バージョンへの戻し
~データベースとディレクトリのバックアップ、リストア
BashスクリプトでWordPressデータベースを自動バックアップ
~MySQLデータベースをBash、Cronを使って自動バックアップ、メール通知
BashスクリプトでDos攻撃など大量アクセスのログを検知
~Apacheアクセスログ、Dos、Cron、メール通知
テーマ作成
 
ブートストラップ3を使って自作テーマ作成
~Bootstrap3、自作テーマ作成、TwentyFourteen
Bootstrapのフリーのテーマを使ってデザインを簡単にカスタマイズ
~Bootstrap3のスタイルをカスタマイズ
 
WordPresssショートコード
 
簡単なショートコードを作ってみる
~ショートコードの作り方
ショートコードを使って関連記事のリンクを自動で挿入
~ショートコードの簡単なサンプル
ショートコードを使ってディレクトリ内のファイル名を取得し、投稿内にリンクを挿入
~カスタムフィールド利用、PHPで日本語文字列検索などのコーディング
 
AJAX、AngularJSなどその他応用
 
WordPress投稿内でAngularJSを使用
~AngularJS、Bootstrap、アコーディオン
Bootstrap3で作成したナビゲーションメニューをAngularJSに変更
~AngularJS、Bootstrap、自作テーマheder.php
WordPressでAngularJSを使ったGoogleマップを使えるようにする
~AngularJSを使って投稿内にGoogleマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です