CentOSのユーザーアカウントのパスワードポリシーを設定

パスワードの最低文字数、有効期限などのパスワードポリシーをシステムで設定する事が出来ます。

(1)推奨のパスワードポリシー


 
・強固なパスワードを使用する。
大文字・小文字、特殊文字、数字を含む8文字以上
 
・妥当な間隔でパスワードを変更する。
同じパスワードを長く使い続けるほど、パスワードを破られるリスクが高くなる。一方、変更間隔が短いとパスワードを忘れないように弱いパスワードにしてしまいがち。
 
・パスワードは、1日に1回以上変更すべきではない。
 

(2)パスワードポリシーの設定


 
1)システム全体の設定
 
/etc/login.defsで設定する。
 
○主な設定項目
PASS_MAX_DAYS
 パスワード使用期限
PASS_MIN_DAYS
 パスワード変更後、次に変更できるまでの最小期間
PASS_MIN_LEN
 最小パスワード長
PASS_WARN_AGE
 何日前に期限切れの警告をするか
 
○設定例
PASS_MAX_DAYS 60
PASS_MIN_DAYS 7
PASS_MIN_LEN 14
PASS_WARN_AGE 7
 
2)各ユーザー単位に設定する場合
 
下記コマンドでユーザー単位に設定できる。
chage オプション ユーザー名
 
○設定例
下記設定をする場合
PASS_MAX_DAYS 60
PASS_MIN_DAYS 7
PASS_WARN_AGE 7
 
# chage -M 60 -m 7 -W 7 testuser
 
3)各ユーザーのパスワードポリシーを調べる
 
chage -l ユーザー名
 
○設定例
$ chage -l testuser

Last password change                                    : Feb 04, 2013
Password expires                                        : Apr 05, 2013
Password inactive                                       : never
Account expires                                         : never
Minimum number of days between password change          : 7
Maximum number of days between password change          : 60
Number of days of warning before password expires       : 7
関連記事の目次
 
ネットワーク、ポート番号
  • iptablesを使ってCentOSのファイアウォール設定
  • nmapでオープンしているポート番号とバージョンを確認
  •  
    yum、rpmパッケージ、サービス
  • CentOSで不要なサービスは起動しないようにする
  • RPMパッケージのインテグリティチェック
  •  
    パーミッション
  • cronで使用するファイルのパーミッション設定
  • CentOSのumaskの設定
  • ユーザーホームディレクトリ内の権限設定をセキュアにする
  • CentOSのパスワードファイルのパーミッション設定
  • findコマンドでファイル書込権限をいっせいにチェック
  • findコマンドでセットユーザ(グループ)IDが不要にセットされていないかチェック
  • findコマンドで所有者、グループが存在しないファイルを抽出
  •  
    ログイン、認証、パスワード、アカウント制御
  • ログイン時などに表示されるシステムバナーを変更するには?
  • CentOSのユーザーアカウントのパスワードポリシーを設定
  • pam_cracklibモジュールでパスワードポリシーを設定
  • pam_unix.soモジュールを使って過去のパスワード再使用を制限する
  • システムコンソールでのrootログインを制限する方法
  • suコマンドによるrootへのスイッチを制限する
  • root権限でのコマンド実行、sudoだと監査ログが取得できる
  • デーモン用アカウントなどに対しシェルを使用を無効にする
  • パスワード認証を失敗時にアカウントをロックアウトする設定
  • rootアカウントのPATH環境変数のセキュリティについて
  •  
    auditdでシステム監査
  • auditdを使ってシステム監査
  • auditdのログ容量の設定
  • auditd監査ルールの設定方法
  • auditdで時間設定変更操作を監査する
  • auditdでユーザー・グループ設定ファイル変更操作を監査する
  • auditdでネットワーク関連の設定変更を監査する
  • auditdでログイン記録のログファイルの変更を監査する
  • auditdでファイル所有者や権限の変更に関するイベントを監査する
  • auditdでsetuid、setgidプログラムの実行を監査する
  • auditdでマウント操作を監査する
  • auditdでファイル削除操作を監査する
  • auditdでsudo設定ファイルに対する操作を監査する
  • auditdでカーネルモジュールのロード、アンロードを監査する
  • マシン再起動後にauditdの設定変更を有効にする設定
  • ausearch、aureportで監査ログのサマリレポートを作成
  •  
    ツール
  • NTPのセキュリティを考慮した設定
  • セキュリティを考慮してX Windowsを設定または削除する方法
  • ファイルの改ざん対策用にTripwireを導入
  • CentOSにホスト型侵入検知ソフトAIDE(Advanced Intrusion Detection Environment)を導入
  •  
    トラブルシューティング
  • アイドルのシェルを自動で強制終了させるには?
  • CentOSでコアダンプを無効にする方法
  • Linuxのbash脆弱性CVE-2014-6271、Shellshockを修整
  • CentOSでバッファーオーバーフロー脆弱性に対する防御機能が有効になっているか確認する

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です