viエディタの使用方法

viエディタの基本操作方法を簡単にまとめました

viエディタ開始方法


 
コマンドプロンプトから以下のように入力します。
 
# vi ファイル名
 

入力モードと制御モード


 
入力モードと制御モードがあります。
入力モードの場合は、画面下部に”– INSERT –“と表示されています。
入力モードではない場合は、制御モードと考えてよいと思います。
 
各モードで出来る操作が決まっていますのでどちらのモードで作業しているか注意します。
 
入力モードから制御モードに戻りたい場合は、”ESC”を押します。
 

viエディタの終了方法


 
制御モードで、”:”をタイプし、以下のように状況に応じて
q!,w,w!を入力します。
 
:q! : 保存せずに終了
:w : 保存。終了はしない。
:w! : 保存して終了。
 

制御モードでのカーソルの移動方法


 
左:”h”キー、←キー
右:”l”キー、→キー
上:”k”キー、↑キー
下:”j”キー、↓キー
行頭:”0″、”HOME”キー、”^”(スペース以外の最初の文字)
行末:$、”END”キー
1ページ下:”PageDown”キー
1ページ上:”PageUp”キー
 

検索


 
制御モードで、下記のように検索文字列を入力します。
“n”又は、”N”を押して、検索を繰り返す事が出来ます。
 
/検索文字列 : 後方に文字列を検索する
?検索文字列 : 前方に文字列を検索する
n : 同じ方向に検索を繰り返す
N      : 反対の方向に検索を繰り返す
 

削除


 
制御モードで、消したい場所までカーソルを移動し、状況に応じて、以下のようにタイプします。
 
D : 今いるカーソルから行の終わりまで削除
dd : 行全体を削除
X : 今いるカーソルの左の文字を削除する
x : 今いるカーソルの文字を削除する。
 

コピーペースト


 
制御モードで、カーソルをコピーしたい場所に移動し、
“y”キーをタイプし、貼り付けたい場所で”p”をタイプします。
 
y : カーソルのある行をコピー(ヤンク)
y数字 : 複数行コピー。カーソルの次の行以降のコピーしたい行数
p : 貼り付け
 

入力モードに移行する方法


 
状況に応じて、下記のようにタイプします。
 
i : 今いるカーソルの左に文字を挿入する。
a : 今いるカーソルの右に文字を挿入する。
I : 行の先頭に文字を挿入する。
A : 行の終わりに文字を挿入する。
R : 既存の文字を上書きする。
 
制御モードに戻る場合は、”ESC”キーを押します。
 

入力モードでのカーソルの移動方法


 
左:←キー
右:→キー
上:↑キー
下:↓キー
行頭:”Home”キー
行末:”END”キー
1ページ下:”PageDown”キー
1ページ上:”PageUp”キー
 
入力モードになると、画面下部に”– INSERT –“と表示されます。
削除は”Backspace”キー。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です