CentOSのユーザー環境設定ファイル(bashrc、profile)

CentOSでは、ユーザー環境変数やアカウント環境を設定するファイルがいくつかありますが、それぞれのファイルについてまとめてみました。

(1)ユーザー環境設定ファイルの概要


 
1)各ユーザーアカウント固有の設定ファイル
 
・.bash_profile
システムへログインする際に、ログインシェルがこのファイルを読み込んで実行する。
 
・.bashrc
コマンドラインから”bash”と入力して、新しいサブシェルを起動する際に、.bashrcを読み込んで実行する。
 
・.bash_logout
ログインシェルが終了するたびに読み込まれて実行される。
 
2)全ユーザー共通に使われる設定ファイル
 
・/etc/profile
全ユーザー共通のログイン時に実行される
 
・/etc/bashrc
デフォルトでは、.bashrcから読み込まれる。
 

(2)各設定ファイルのデフォルトの内容


 
1).bash_profile
 
下記のように.bashrcを読み込んでいるので.bashrcの設定内容を引き継いでいます。
 
$ more .bash_profile
 
if [ -f ~/.bashrc ]; then
. ~/.bashrc
fi

 
2).bashrc
 
下記のように/etc/bashrcを読み込んでいるので/etc/bashrcの設定内容を引き継いでいます。
 
$ more .bashrc
 
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc
fi

 
3).bash_logout
 
デフォルトでは何も定義されていませんでした。
 
4)/etc/profile
 
・PATH、HOSTNAMEなど各種環境変数の設定
・umaskの設定 ユーザーIDが200以上は002、それ以外は022
・/etc/profile.dディレクトリ内のファイル読込
 
5)/etc/profile.dディレクトリ内のファイル
 
・which2.sh
whichコマンドのエイリアス設定
 
・colorls.sh
lsコマンドのエイリアス設定
 
・glib2.sh
環境変数G_BROKEN_FILENAMESの設定
 
・lang.sh
言語設定。”$HOME/.i18n”、”/etc/sysconfig/i18n”を読み込む。
 
・less.sh
LESSOPEN環境変数の設定
 
6)/etc/bashrc
 
・$TERM変数の値に応じて$PROMPT_COMMANDの設定
 
・シェルのウィンドウサイズ、プロンプト文字の設定
 
・ログインシェルでない場合は、umaskの設定、/etc/profile.dディレクトリ内のファイル読み込み
 

(3)設定変更時の注意


 
・.bash_profileはログイン時に読み込まれるので、設定変更してもその時点では反映されない。
 
すぐに反映したい場合は、sourceコマンドまたはドットコマンドを使用する。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です