psコマンドでスレッドに関する情報を表示するには?

psコマンドでスレッドに関する情報を表示する方法、表示内容の見方について確認しました。

(1)psコマンドの書式


 
スレッド情報を表示するにはpsコマンドに下記オプションを指定します。
 
ps -eLf
 
※オプションの説明
-e
 全てのプロセスを選択する。-A と等しい。
-L
 可能ならばLWPとNLWPカラムをつけてスレッドを表示する。
-f
 完全なフォーマットでリストする
 

(2)表示される項目


 
UID(EUID):実効ユーザーID
PID:プロセスのプロセス ID 番号
PPID:親プロセスのプロセス ID
LWP:軽量プロセス(light weight process) またはスレッドのID
C:プロセッサ使用率。プロセスの生存期間中に利用したパーセンテージを表す整数
NLWP:プロセスにおける lwp (スレッド) の数。
STIME:プロセスの起動時刻、起動日
TTY:制御端末 (tty)
TIME:累積した CPU 時間
CMD:実行コマンド
 

(3)実行例


 
①”PassengerHelperAgent”というプロセスを表示したい場合
 
$ ps -ef | grep “PassengerHelper”
 
root 29150 29147 0 10:36 ? 00:00:00 PassengerHelperAgent

 
②”PassengerHelperAgent”というプロセス、スレッドを表示したい場合
 
$ ps -eLf | grep "PassengerHelper"
UID      PID   PPID   LWP   C   NLWP STIME TTY    TIME    CMD
root     29150 29147 29150  0    4 10:36 ?        00:00:00 PassengerHelperAgent
root     29150 29147 29153  0    4 10:36 ?        00:00:00 PassengerHelperAgent
root     29150 29147 29154  0    4 10:36 ?        00:00:00 PassengerHelperAgent
root     29150 29147 29157  0    4 10:36 ?        00:00:00 PassengerHelperAgent


“29150”のプロセスIDの”PassengerHelperAgent”というプロセスが4つのスレッドを実行していることが分かります。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です