CentOS6のユーザー管理の概要とコマンド操作

CentOS6のユーザー管理とユーザー管理のコマンド操作について、下記オンラインマニュアルを読んでまとめました。
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Deployment_Guide/ch-Managing_Users_and_Groups.html#s1-users-groups-introduction

(1)ユーザーとグループの概要


 
・各ユーザーは、ユーザーID(UID)、各グループはグループID(GID)に関連付けられる。
 
・グループ内のユーザーは、そのグループが所有するファイルの読み取り/書き込み/実行を行うことができる。
 
・ファイルを作成するユーザーは、そのファイルの所有者でありグループ所有者でもある。
 
・ファイルには所有者、グループ、それ以外のユーザーに対して読み取り/書き込み/実行のパーミッションが割り当てられる。
 
・ファイルの所有者はrootユーザーのみが変更することができる。
 
・アクセスパーミッションはrootユーザーだけでなくファイルの所有者も変更できる。
 
1)UPG(ユーザープライベートグループ)スキーム
 
・UPG(ユーザープライベートグループ)スキームでは、新規ユーザーがシステムに追加される度にUPGが作成される。
 
・UPGは作成されたユーザーと同じ名前を持ち、そのユーザーがそのUPGのメンバーとなる。
 
・新規作成されたファイルやディレクトリのパーミッションは、umaskによって決められる。
 
umaskは、/etc/bashrcファイルで設定され、デフォルトでは022で、ファイルやディレクトリを作成したユーザーのみが修正できるようになっている。

UPGではどのユーザーもそれぞれ独自のプライベートグループを持っているため、通常はグループに対して特別に保護する設定は必要ない。
 
2)シャドウパスワード
 
・シャドウパスワードは、暗号化されたパスワードハッシュをあらゆるユーザーから読み取り可能な/etc/passwdファイルからrootユーザーのみが読み取り可能な/etc/shadowに移動することで、システムセキュリティを向上する。
 
・シャドウパスワードは、パスワードエージングに関する情報も保存する。
 
・シャドウパスワードを使用すると、/etc/login.defsファイルはセキュリティポリシーを強制できる。
 

(2)コマンドラインでユーザー、グループ管理


 
1)新規ユーザーの追加(rootとして実行)
 
①書式
useradd [オプション] ユーザー名
 
・デフォルトでは、useraddコマンドはロックされたユーザーアカウントを作成する。
 
アカウントのロックを解除するには、rootとして以下のコマンドを実行して、パスワードを割り当てる。
passwd ユーザー名
 
②useradd実行時の挙動
 
useradd sampleを実行した場合に各ファイルにどのような情報が追加されるか以下に示す。
 
●/etc/passwd
 
sample:x:515:515::/home/sample:/bin/bash
(ユーザー名:パスワード:UID:GID:GECOS:ホームディレクトリ:デフォルトシェル)
 
・パスワードフィールドの”x”は、システムがシャドウパスワードを使用していることを示す。
 
・UIDとGIDは、500以上の数値が使用される。500より小さい数字はシステム使用のために保有されているので、ユーザー用には割り当てない事を推奨。
 
●/etc/shadow
 
sample:!!:14798:0:99999:7:::
 
・2つの感嘆符(!!)がパスワードフィールドに表示され、アカウントがロックされている事を示す。
 
パスワードを設定すると暗号化されたパスワードが表示される。
 
・パスワードは有効期限なしに設定される。
 
●/etc/group
 
sample:x:515:
 
・UPGスキームによってユーザーと同じ名前のグループが作成される。
 
・パスワードフィールドに”x”が表示され、システムがシャドウグループパスワードを使用していることを示す。
 
・GIDは/etc/passwd内に表示されているユーザーのGIDと一致する。
 
●/etc/gshadow
 
sample:!::
 
・1つの感嘆符(!)がパスワードフィールドに表示され、グループがロックされている事を示す。
 
gpasswdコマンドでグループパスワードを設定すると暗号化されたパスワードが表示される。
 
●ホームディレクトリ
 
・ユーザーsample用のディレクトリが/homeディレクトリ内に作成される。
 
●/etc/skel
 
・/etc/skelディレクトリ(デフォルトのユーザー設定を含む)内のファイルが、新しい/home/sampleディレクトリにコピーされる。
 
.bash_logout、.bash_profile、.bashrcなどの設定ファイル。
 
2)新規グループの追加(rootとして実行)
 
groupadd [オプション] グループ名
 
3)ユーザーを変更、削除
 
userdel、usermod
 
4)グループを変更、削除
 
groupdel、groupmod

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です