CentOS6の各種ネットワーク設定ファイルとインタフェース制御スクリプト

CentOS6の各種ネットワーク設定ファイルとインタフェース制御スクリプトについてまとめました。

(1)各種ネットワーク設定ファイルの概要


 
●/etc/hosts
 
・他の方法では解決できないホスト名を解決。
・DNSサーバーのない、小規模ネットワーク上のホスト名を解決することも可能。
 
●/etc/resolv.conf
 
・DNSサーバーのIPアドレスと検索ドメインを指定。
 
●/etc/sysconfig/network
 
・すべてのネットワークインターフェースのルーティングとホストの情報を指定。
 
●/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ネットワークインターフェース名(ifcfg-eth0など)
 
・各ネットワークインターフェースには、対応するインターフェース設定スクリプトがあり、特定のネットワークインターフェースに固有の情報を提供する。
 
●/etc/sysconfig/networking/ディレクトリ
 
・非推奨のNetwork Administration Tool(system-config-network)が使用。
・そのコンテンツは手動で編集すべきではない。
 

(2)各種インターフェース制御スクリプトの概要


 
●ifdown、ifup
 
・/sbin/ifdownと/sbin/ifupによって、個別にネットワークインタフェースのup/downができる。
・/etc/sysconfig/network-scripts/ディレクトリにシンボリックリンクがある。
 
構文
ifup インタフェース名
ifdown インタフェース名
 
例)
ifup eth0
 
●/etc/sysconfig/network-scripts/ディレクトリ内の一般的なインターフェース制御スクリプト
 
・ifup-aliases
1つのインターフェースに複数のIPアドレスが関連付けされる場合に、インターフェース設定ファイルからIPエイリアスを設定。
 
・ifup-ipv6、ifdown-ipv6
IPv6インターフェースをアクティベート、非アクティベート。
 
・ifup-post 及び ifdown-post
インターフェースがアクティベート、非アクティベートされた後に実行されるコマンドが含まれる。
 
・ifup-routes
インターフェースがアクティベートされると、デバイスに対する静的ルートを追加する。
 
・ifup-wireless
ワイヤレスインターフェースをアクティベート。
 
●/etc/rc.d/init.d/network
 
・すべてのネットワークスクリプトをまとめてup/down
 
〇構文
/sbin/service network start|stop|restart|status

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です