CentOSのハードウェア情報を表示するコマンド

ハードウェア情報を表示するコマンドの使用例等をまとめました。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

lsblkでブロックデバイスとファイルシステムを表示
・利用可能なブロックデバイスの一覧を表示
・表示項目
NAME    デバイス名
MAJ:MIN  メジャーおよびマイナーデバイス番号
RM     リムーバブルデバイスかどうか
SIZE    そのサイズ
RO     読み取り専用デバイスかどうか
TYPE    そのタイプ
MOUNTPOINT デバイスのマウント先
 
例)ツリー形式で表示

NAME                        MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0                          11:0    1 1024M  0 rom
vda                         252:0    0   20G  0 disk
tqvda1                      252:1    0  500M  0 part /boot
mqvda2                      252:2    0 19.5G  0 part
  tqVolGroup-lv_root (dm-0) 253:0    0 17.6G  0 lvm  /
  mqVolGroup-lv_swap (dm-1) 253:1    0    2G  0 lvm  [SWAP]
vdb                         252:16   0  180G  0 disk /data

 
例)一覧として表示

$ lsblk -l
NAME                    MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0                      11:0    1 1024M  0 rom
vda                     252:0    0   20G  0 disk
vda1                    252:1    0  500M  0 part /boot
vda2                    252:2    0 19.5G  0 part
VolGroup-lv_root (dm-0) 253:0    0 17.6G  0 lvm  /
VolGroup-lv_swap (dm-1) 253:1    0    2G  0 lvm  [SWAP]
vdb                     252:16   0  180G  0 disk /data

blkidでブロックデバイスに関する情報を表示
・利用可能なブロックデバイスに関する情報を表示。
・root権限が必要。
・汎用一意識別子(UUID)、ファイルシステムのタイプ(TYPE)、ボリュームラベル(LABEL)などの属性を表示
例)

# blkid
/dev/vda1: UUID="880e135b-・・" TYPE="ext4"
/dev/vda2: UUID="55BEiq-B・・" TYPE="LVM2_member"
/dev/mapper/VolGroup-lv_root: UUID="ea043a・・" TYPE="ext4"
/dev/vdb: LABEL="ephemeral0" UUID="9d99a・・" TYPE="ext3"
/dev/mapper/VolGroup-lv_swap: UUID="e89d8・・" TYPE="swap"

 
・-pおよび-o udevのコマンドラインオプションを使用して、さらに詳しい情報を取得することも可能。
例)

# blkid -po udev /dev/vda1
ID_FS_UUID=880e135b-9・・・
ID_FS_UUID_ENC=880e13・・・
ID_FS_VERSION=1.0
ID_FS_TYPE=ext4
ID_FS_USAGE=filesystem

findmntでマウント情報を表示
・現在マウントされているファイルシステムの一覧を表示。
・マウントポイント先(TARGET)、ソースデバイス(SOURCE)、ファイルシステムのタイプ(FSTYPE)、関連するマウントオプション(OPTIONS)を表示。
例)

$ findmnt
TARGET                       SOURCE                       FSTYPE   OPTIONS
/                            /dev/mapper/VolGroup-lv_root ext4     rw,relatime,b
|-/proc                      proc                         proc     rw,relatime
| |-/proc/bus/usb            /proc/bus/usb                usbfs    rw,relatime
| |-/proc/sys/fs/binfmt_misc                              binfmt_m rw,relatime
|-/sys                       sysfs                        sysfs    rw,relatime
|-/dev                       devtmpfs                     devtmpfs rw,relatime,s
| |-/dev/pts                 devpts                       devpts   rw,relatime,g
| |-/dev/shm                 tmpfs                        tmpfs    rw,relatime
|-/boot                      /dev/vda1                    ext4     rw,relatime,b
|-/data                      /dev/vdb                     ext4     rw,relatime,b

 
例)通常の一覧として表示

$ findmnt -l
TARGET                   SOURCE                       FSTYPE   OPTIONS
/proc                    proc                         proc     rw,relatime
/sys                     sysfs                        sysfs    rw,relatime
/dev                     devtmpfs                     devtmpfs rw,relatime,size=
/dev/pts                 devpts                       devpts   rw,relatime,gid=5
/dev/shm                 tmpfs                        tmpfs    rw,relatime
/                        /dev/mapper/VolGroup-lv_root ext4     rw,relatime,barri
/proc/bus/usb            /proc/bus/usb                usbfs    rw,relatime
/boot                    /dev/vda1                    ext4     rw,relatime,barri
/data                    /dev/vdb                     ext4     rw,relatime,barri
/proc/sys/fs/binfmt_misc                              binfmt_m rw,relatime

 
例)特定のファイルシステムを表示

$ findmnt -t ext4
TARGET SOURCE                       FSTYPE OPTIONS
/      /dev/mapper/VolGroup-lv_root ext4   rw,relatime,barrier=1,data=ordered
/boot  /dev/vda1                    ext4   rw,relatime,barrier=1,data=ordered
/data  /dev/vdb                     ext4   rw,relatime,barrier=1,data=ordered

lscpuでCPUに関する情報を表示
lscpuコマンドの実行例

$ lscpu
Architecture:          x86_64
CPU op-mode(s):        32-bit, 64-bit
Byte Order:            Little Endian
CPU(s):                3
On-line CPU(s) list:   0-2
Thread(s) per core:    1
Core(s) per socket:    1
Socket(s):             3
NUMA node(s):          1
Vendor ID:             GenuineIntel
CPU family:            6
Model:                 15
Stepping:              11
CPU MHz:               3066.704
BogoMIPS:              6133.40
Hypervisor vendor:     KVM
Virtualization type:   full
L1d cache:             32K
L1i cache:             32K
L2 cache:              4096K
NUMA node0 CPU(s):     0-2

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です