procファイルシステムの概要

procファイルシステムの概要についてまとめました。

(1)概要


 
・procファイルシステムは、Linuxカーネルの現在の状況を示すファイルの階層が含まれているディレクトリ。これにより、アプリケーションとユーザーはシステムのカーネルビューを確認することができる
 
・procディレクトリには、システムのハードウェアおよび実行中のプロセスに関する情報が格納されている。
 これらファイルのほとんどは読み取り専用だが、(主に/proc/sys内の)ファイルのなかには、ユーザーやアプリケーションが操作することで、設定変更をカーネルに伝達できるものもある。
 

(2)仮想ファイルシステム


 
1)仮想ファイル
 
・/proc/ディレクトリには、仮想ファイルと呼ばれる通常とは別のタイプのファイルも含まれている。
 
・仮想ファイルには、固有の性質がある。
 大半の仮想ファイルは、サイズがゼロバイトで表示されていても表示すると大量の情報が格納されている場合がある。
 又、仮想ファイルの時刻及び日付のスタンプの大半は、現在の時刻と日付を反映する。これは、常に更新されていることを示している。
 
・/proc/interrupts、/proc/meminfo、/proc/mounts、/proc/partitionsなどの仮想ファイルは、システムのハードウェアの最新状態のビューを提供する。
 /proc/filesystemsファイルや/proc/sys/ディレクトリなど、その他の仮想ファイルはシステムの設定情報及びインターフェースを提供する。
 
2)仮想ファイルの表示
 
・/proc/ファイル内の大半のファイルは、テキストファイルと同様に機能し、システム及びハードウェアの有用なデータを人間が読み取れるテキスト形式で保管。
cat、more、lessなどを使用して内容を表示することができる。
 
・/proc/内のファイルの一部には、人間には読み取れない情報が含まれている。
このようなファイルから情報を取得するには、lspci、apm、free、topなどのツールを使用する。
 
3)仮想ファイルの変更
 
原則として、/proc/ディレクトリ内の仮想ファイルの大半は読み取り専用。
 但し、一部はカーネルの設定を調整するのに使用することができる。これは特に/proc/sys/サブディレクトリ内のファイルに該当する。
 
①echoを使って仮想ファイルの値を変更
echo value > /proc/file
 
②sysctlコマンドを使って変更
※sysctlコマンドの詳細は以下の記事参照。
sysctlコマンドでカーネルパラメータの参照、変更
 
4)procファイルシステムのファイル一覧
 
RHEL6 導入ガイド 付録E proc ファイルシステム

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です