psコマンドで全プロセスを表示する方法と表示結果の見方

psコマンドを使って全プロセスを表示する事が出来ますが、指定するオプションによって表示内容が異なります。どのようなオプション指定方法があり、どのような情報が表示されるか確認しました。

下記4つのオプションを使用した方法について確認しました。
ps -e
ps -ef
ps -eF
ps -ely
 

(1)psコマンドのオプションの意味


 
-e
 全てのプロセスを選択する。-Aと等しい。
-f
 完全なフォーマットでリストする
-F
 特別に完全なフォーマット
-l
 長いフォーマット
-y
 フラグを表示しない。addrの代わりにrssを表示する
 

(2)各オプションで表示される項目と表示例


 
1)ps -e
 
・出力項目(出力項目の説明は(3)参照)
 PID,TTY,TIME,CMD
・出力例

$ ps -e | grep init
    1 ?        00:00:00 init

 
2)ps -ef
 
・出力項目
 UID,PID,PPID,C,STIME,TTY,TIME,CMD
・出力例

$ ps -ef | grep init
root         1     0  0 Aug10 ?        00:00:00 /sbin/init

 
3)ps -eF
 
・出力項目
 UID,PID,PPID,C,SZ,RSS,PSR,STIME,TTY,TIME,CMD
・出力例

$ ps -eF | grep init
root         1     0  0  4835   820   0 Aug10 ?        00:00:00 /sbin/init

 
4)ps -ely
 
出力項目
 F,S,UID,PID,PPID,C,PRI,NI,ADDR,SZ,WCHAN,STIME,TTY,TIME,CMD
出力例

$ ps -ely | grep init
S     0     1     0  0  80   0   820  4835 poll_s ?        00:00:00 init

 

(3)出力項目の説明


 
UID(EUID):実効ユーザーID
PID:プロセスのプロセス ID 番号
PPID:親プロセスのプロセス ID
C:プロセッサ使用率。プロセスの生存期間中に利用したパーセンテージを表す整数
STIME:プロセスの起動時刻、起動日
TTY:制御端末 (tty)
TIME:累積した CPU 時間
CMD:実行コマンド
SZ:スワップ空間の概算の大きさ
RSS:常駐セットの大きさ。スワップされていない物理メモリ。
PSR:プロセスが現在割り当てられているプロセッサ。
F:プロセスに関連づけられたフラグ
S:最小限の状態表示 (1 文字)
PRI
NI:nice値
ADDR:
WCHAN:プロセスがスリープしているカーネル関数の名前

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です