シェル変数と環境変数の違い

シェル変数と環境変数、設定方法、表示方法など、混同してしまって何度も同じことを再確認しがちです。整理してまとめてみました。シェルはbash使用の場合。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

シェル変数と環境変数の違い
・シェル変数は、現在実行中のシェルのみで有効。
・環境変数は、シェルから実行されたコマンド内でも有効。

シェル変数の設定と表示
1)設定方法
 
シェル変数名=値
 
・イコールの両側にスペースを置かない。
・複数のワードで構成されている場合は、クォートで囲む。
※削除する場合は、unsetを使用する。
 
2)表示方法
 
①特定の変数を表示
 
コマンドで変数を使用する場合は変数名の前にダラー($)をつける。
例)
echo $変数名
 
②シェル変数と一覧を表示
 
set

環境変数の設定と表示
1)設定方法
 
①すでに定義済みのシェル変数を環境変数にする
 
export シェル変数名
 
②シェル変数を定義し、それを環境変数とする
 
export 環境変数名=値
 
2)表示方法
 
printenv

使用例
①シェル変数表示
 
$ echo $LANG
en_US.UTF-8
 
②シェル変数設定
 
$ LANG=ja_JP.utf8
$ echo $LANG
ja_JP.utf8
 
③環境変数設定
 
$ export LANG
 
④環境変数表示
 
$ printenv | grep LANG
LANG=ja_JP.utf8

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です