WindowsからCentOS6にリモートデスクトップする手順

Windows7からCentOS6にリモートデスクトップで接続するための手順についてです。

1)xrdpのインストール
 
①EPELリポジトリを追加
 
xrdpをEPELリポジトリからインストールするため、EPELリポジトリを追加する。
 
※EPELリポジトリとは?
CentOS 標準のリポジトリでは提供されていないパッケージを、yumコマンドでインストールすることを可能にするリポジトリ
 
例)epel-release-6-8.noarch.rpmをインストールする場合
$ sudo rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
 
②xrdpパッケージのインストール
 
$ sudo yum install xrdp
$ sudo yum install tigervnc-server
 
2)ファイアーウォールの設定
 
①iptablesにポリシー追加
 
例)自端末のネットワークアドレスのみ接続を許可する
# vi /etc/sysconfig/iptables
 
-A INPUT -s 192.168.1.0/24 -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 3389 -j ACCEPT
 
②サービス再起動
 
# service iptables restart
 
3)日本語キーボードの設定
 
日本語キーボードの設定ファイルを作成。
 
①下記サイトからkm-e0010411.iniをダウンロード
[Xrdp-devel] Keyboard issue and Japanese Keyboard Layout
 
②km-e0010411.iniからkm-0411.ini、km-e0200411.ini、km-e0210411.iniを作成し、/etc/xrdp以下にコピー。
 
# cd /etc/xrdp
# cp ~/ダウンロード/km-e0010411.ini km-0411.ini
# ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
# ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
# ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini
 
4)xrdpサービスの開始、起動設定
 
①サービスを開始
 
# service xrdp start
 
②自動起動の設定
 
# chkconfig xrdp on

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です