お名前.comでメールサーバー関連のDNS設定

メールサーバーを構築する際には、メールサーバー関連のDNS設定を追加する必要があります。

私のDNSレコードの登録例を基に設定手順を示します。
(自ドメイン名は、仮にexample.com、IPアドレスは、192.168.0.1とします。)

ホスト名 TYPE   優先度 VALUE
@     MX   10  mail.example.com.
mail    A      192.168.0.1
smtp   CNAME     mail.example.com
pop    CNAME     mail.example.com

※smtpサーバーとpopサーバーは同一サーバー上に構築しています。ホスト名を分けなくても使用できますが、一般の設定例で上記例をよく見かけたのとCNAMEを設定してみたかったので上記のようにしています。
 

お名前.comのドメインを利用している場合の設定手順


 
1)ドメインNaviにログイン
 
2)上部メニューの「ドメイン設定」押下
 
3)”ネームサーバーの設定”下の「DNS関連機能の設定」ボタン押下
 
4)”DNSレコード設定を利用する”の「設定する」ボタン押下
 
5)設定するドメイン名にチェックを入れ「入力画面に進む」ボタン押下
 
6)”入力”セクションのホスト名、TYPE、VALUEを入力し、「追加」ボタン押下する。
 
①Aレコードの入力
上記設定例のmailの場合は、下記のように入力します。
 Type  :A
 ホスト名:mail
 Value :192.168.0.1
 
②MXレコードの入力
上記設定例のmailの場合は、下記のように入力します。
 Type  :MX
 ホスト名:@(Type欄でMXを指定すると@が表示されます。)
 優先  :10
 Value :mail.example.com.
 
“VALUE”欄には、ホスト名をFQDNで入力し、最後にドットも入れました。(ただ、確認画面で実際の登録内容を見てみると、MXレコードの”Value”ホスト名のFQDNの最後のドットの部分が無くなっていました。そういう仕様のようです。)
 
③CNAMEレコードの入力
上記設定例のsmtpの場合は、下記のように入力します。
 Type  :CNAME
 ホスト名:smtp
 Value :mail.example.com
 
7)「確認画面へ進む」ボタン押下
 
8)確認画面で問題なく設定されていたら「設定する」ボタン押下
 
処理が終了すると”完了”画面が表示されます。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です