qmailのデフォルト設定を含めた設定一覧をコマンドで表示

qmailの設定は、/var/qmail/controlディレクトリ内に各設定項目毎にファイルを作成して設定を行っています。そのため、各設定ファイルを見て全体の設定を確認するのは面倒です。設定ファイルで明示的に設定していない項目はデフォルト値が適用されますが、このデフォルト値も設定ファイルがないので設定ファイルからは確認できません。何か良い方法はないのでしょうか?

qmailでは、”qmail-showctl”というコマンドで設定一覧を表示できます。/var/qmail/controlディレクトリ内で設定した内容に加え、デフォルト設定も表示されます。
 
qmail-showctlコマンドを実行すると、controlディレクトリ内に正しく設定されているファイル、設定値があればその値を表示し、設定ファイルがなければデフォルト値を表示するようです。
 
そして設定方法が名前の誤記などで間違っていると、それについても表示してくれるようです。
 
●実行例
 

# /var/qmail/bin/qmail-showctl

qmail home directory: /var/qmail.
user-ext delimiter: -.
paternalism (in decimal): 2.
silent concurrency limit: 120.
subdirectory split: 23.
user ids: 503, 504, 505, 0, 506, 507, 508, 509.
group ids: 503, 504.

badmailfrom:

bouncefrom: (Default.) Bounce user name is MAILER-DAEMON.

bouncehost: Bounce host name is exmample.com.

concurrencylocal: Local concurrency is 8.

concurrencyremote: Remote concurrency is 15.

databytes: SMTP DATA limit is 1000000 bytes.

defaultdomain: Default domain name is example.com.

defaulthost: Default host name is www.

doublebouncehost: (Default.) 2B recipient host: mail.example.com.

doublebounceto: (Default.) 2B recipient user: postmaster.

envnoathost: (Default.) Presumed domain name is mail.example.com.

helohost: (Default.) SMTP client HELO host name is mail.example.com.

idhost: (Default.) Message-ID host name is mail.example.com.

localiphost: (Default.) Local IP address becomes mail.example.com.

locals:
Messages for localhost are delivered locally.
Messages for mail.example.com are delivered locally.

me: My name is mail.example.com.

percenthack: (Default.) The percent hack is not allowed.

plusdomain: Plus domain name is example.com.

qmqpservers: (Default.) No QMQP servers.

queuelifetime: (Default.) Message lifetime in the queue is 604800 seconds.

rcpthosts:
関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です