VPSでディスク構成を変更し、論理ボリュームとファイルシステムを拡張

“お名前.com”のVPSで、私が利用しているプランではデフォルトの基本ディスクの容量が20GBしかなく、ディスク容量が足りなくなりました。基本ディスクの容量を20GBから40GBに増やし、論理ボリュームとファイルシステムを拡張した際の手順をメモ書きしました。(OSはCentOS6.9)
※参考情報
VPS 活用ガイド ディスク構成の変更
VPS 活用ガイド ファイルシステム容量拡張(基本ディスク)

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

作業全体の注意点
●コントロールパネルでディスク構成を変更する際
 
・作業前にVPSを停止する必要がある。
 
・取得済みのスナップショットが削除されてしまう。
→作業前にバックアップを取得することが推奨されているが、スナップショットを利用することが出来ないので、別の手段でバックアップを実施する必要がある。
 
・”基本ディスク”の容量を増やし、”追加ディスク”の容量を減らす場合、減らす側のディスクは初期化(全データ削除)されてしまう。
 
●ファイルシステムの拡張
 
・作業の途中でOS再起動の手順がある

コントロールパネルで基本ディスクの容量を増やす
※物理ボリューム、ボリュームグループ、論理ボリューム、ファイルシステムについては以下の記事も参照。
LinuxのLVMの概要と表示コマンド
CentOSでボリュームグループ、論理ボリューム作成、ファイルシステム作成、マウント設定、物理ボリュームを追加する手順
CentOSで論理ボリューム、ext4ファイルシステムを拡張
 

(1)現状のディスク構成を確認


 
〇確認例
vda:基本ディスク、20GB
 vda1:/boot、500MB
 vda2:LVM、19.5GB
  LVM_root:/、18GB
  LVM_SWAP:1.5GB
vdb:追加ディスク、180GB

# lsblk -l
NAME                    MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
vda                     252:0    0   20G  0 disk
vda1                    252:1    0  500M  0 part /boot
vda2                    252:2    0 19.5G  0 part
VolGroup-lv_root (dm-0) 253:0    0 17.6G  0 lvm  /
VolGroup-lv_swap (dm-1) 253:1    0    2G  0 lvm  [SWAP]
vdb                     252:16   0  180G  0 disk /data
sr0                      11:0    1 1024M  0 rom

# df -Th
Filesystem           Type   Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                     ext4    18G   15G  1.4G  92% /
tmpfs                tmpfs  939M  228K  939M   1% /dev/shm
/dev/vda1            ext4   477M  144M  308M  32% /boot
/dev/vdb             ext4   178G  2.5G  166G   2% /data

# cfdisk /dev/vda
                         cfdisk (util-linux-ng 2.17.2)

                              Disk Drive: /dev/vda
                        Size: 21474836480 bytes, 21.4 GB
              Heads: 16   Sectors per Track: 63   Cylinders: 41610

    Name        Flags      Part Type  FS Type          [Label]        Size (MB)
 ------------------------------------------------------------------------------
                            Pri/Log   Free Space                           1.05*
    vda1        Boot        Primary   Linux ext3                         524.29*
    vda2                    Primary   Linux LVM                        20949.50*


# cfdisk /dev/vdb
                         cfdisk (util-linux-ng 2.17.2)

                              Disk Drive: /dev/vdb
                       Size: 193273528320 bytes, 193.2 GB
             Heads: 16   Sectors per Track: 63   Cylinders: 374491

    Name        Flags      Part Type  FS Type          [Label]        Size (MB)
 ------------------------------------------------------------------------------
                            Pri/Log   Free Space                      193273.53*

 

(2)コントロールパネルでディスク構成変更


 
①コントロールパネルにログイン
→”VM設定”のタブをクリック
→”ディスク構成変更”領域を表示し、注意書き等を確認する。
 
②VPSをシャットダウン
 
③”カスタム”をチェックし、基本ディスクと追加ディスクの割り当てを変更
 
④”決定”をクリック
 
⑤VPSを起動
 

(3)変更後の確認


 
〇確認例

# lsblk -l
NAME                    MAJ:MIN RM  SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sr0                      11:0    1 1024M  0 rom  
vda                     252:0    0   40G  0 disk 
vda1                    252:1    0  500M  0 part /boot
vda2                    252:2    0 19.5G  0 part 
VolGroup-lv_root (dm-0) 253:0    0 17.6G  0 lvm  /
VolGroup-lv_swap (dm-1) 253:1    0    2G  0 lvm  [SWAP]
vdb                     252:16   0  160G  0 disk 

# df -Th
Filesystem           Type   Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                     ext4    18G   15G  1.4G  92% /
tmpfs                tmpfs  939M     0  939M   0% /dev/shm
/dev/vda1            ext4   477M  144M  308M  32% /boot

# cfdisk /dev/vda
                         cfdisk (util-linux-ng 2.17.2)

                              Disk Drive: /dev/vda
                        Size: 42949672960 bytes, 42.9 GB
              Heads: 16   Sectors per Track: 63   Cylinders: 83220

    Name        Flags      Part Type  FS Type          [Label]        Size (MB)
 ------------------------------------------------------------------------------
                            Pri/Log   Free Space                           1.05*
    vda1        Boot        Primary   Linux ext3                         524.29*
    vda2                    Primary   Linux LVM                        20949.50*
                            Pri/Log   Free Space                       21474.84*

ファイルシステム容量拡張
以下、TeraTermなどでSSHでログインし、作業を行う。
 

(1)cfdiskツールを使ってパーティションを作成


 
①以下を入力
cfdisk /dev/vda
 
②一番下の追加したディスク領域である”Free Space”の行を選択
 
③”New”を選択し、エンター
 
④”Logical”を選択し、エンター
 
⑤”Size”を聞かれるので、数値を入力してエンター
→”Name”欄にvda5などが表示される
 
⑥”Type”を選択し、エンター
 
⑦”filesystem type”を聞かれるので”8E”(Linux LVM)を入力してエンター
→”Part Type”欄が”Logical”、”FS Type”が”Linux LVM”に変更される。
 
⑧”Write”を選択し、エンター
→以下のように表示される。”yes”を入力してエンター。
Write partition table to disk (this might destroy data)
Are you sure you want to write the partition table to disk? (yes or no):
Warning!! This may destroy data on your disk!
 
⑨”Quit”を選択し、エンター
 
⑩OSを再起動
#shutdown -r now
 

(2)論理ボリューム(LV)の領域を拡張


 
“lv_root”という論理ボリュームの容量が現状は約18GBとなっているので、この論理ボリュームに追加したディスク領域20GBを割り当てて拡張します。
 
論理ボリュームは、”ボリュームグループ”と呼ばれるディスク領域のプールから領域を割り当てられ、”ボリュームグループ”は物理ボリュームから構成されています。
 
論理ボリュームを以下の手順で拡張します。
①上記(1)で作成したパーティションから物理ボリュームを作成
②上記物理ボリュームをボリュームグループに追加
③容量が増えたボリュームグループを使って論理ボリュームを拡張
 
1)現状の論理ボリュームの構成を確認
 

# lvs
  LV      VG       Attr       LSize  Pool Origin Data%  Move Log Cpy%Sync Convert
  lv_root VolGroup -wi-ao---- 17.54g                                            
  lv_swap VolGroup -wi-ao----  1.97g

“lv_root”の論理ボリュームは、”VolGroup”というボリュームグループから形成されています。
 
2)論理ボリュームを拡張
 
①(1)で作成したパーティションで物理ボリュームを作成

# pvcreate /dev/vda5
  Physical volume "/dev/vda5" successfully created

 
②”VolGroup”というボリュームグループに上記で作成した物理ボリュームを追加

# vgextend VolGroup /dev/vda5
  Volume group "VolGroup" successfully extended

③”lv_root”の論理ボリュームの領域を拡張

# lvextend -l +100%FREE /dev/VolGroup/lv_root
  Size of logical volume VolGroup/lv_root changed from 17.54 GiB (4490 extents) to 37.54 GiB (9609 extents).
  Logical volume lv_root successfully resized.

3)ファイルシステムを拡張

①ファイルシステムを確認

# mount
/dev/mapper/VolGroup-lv_root on / type ext4 (rw)

“lv_root”論理ボリュームのファイルシステムはext4です。
 
②ファイルシステムを拡張
 
resize2fsを使って拡張、縮小ができます。縮小はアンマウントしないとできないようですが、拡張はマウントしたままの状態でできます。

# resize2fs /dev/VolGroup/lv_root
resize2fs 1.41.12 (17-May-2010)
Filesystem at /dev/VolGroup/lv_root is mounted on /; on-line resizing required
old desc_blocks = 2, new_desc_blocks = 3
Performing an on-line resize of /dev/VolGroup/lv_root to 9839616 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/VolGroup/lv_root is now 9839616 blocks long.

③容量が増えていることを確認

# df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/VolGroup-lv_root
                       37G   15G   21G  43% /
tmpfs                 939M     0  939M   0% /dev/shm
/dev/vda1             477M  144M  308M  32% /boot

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です