qmailのログ確認方法

qmailのログ確認方法についてまとめました。
qmail-send(配送)、qmail-smtpd、qmail-pop3dはdaemontoolsで起動、監視、ログ管理しています。qmail-send(配送)のログは下記のように設定しています。
 

qmail-send(配送)のログ設定


 
# vi /var/qmail/services/qmail/log/run
(ファイルの中身)
#!/bin/sh
exec /usr/local/bin/setuidgid qmaill /usr/local/bin/multilog t /var/log/qmail
 
qmail-smtpd、qmail-pop3dについても同様で、下記ファイルにログを出力するように設定しています。
 
/var/log/qmail
/var/log/smtpd
/var/log/pop3d
 

ログの閲覧方法


 
qmail-sendの場合を例に示します。
 
# cd /var/log/qmail
# ls
@400000005221ba0530e60b24.s @400000005227766206da95d4.s
@400000005222aef12f62beb4.s @4000000052286da5159a0d5c.s
@4000000052239f2d25f01ad4.s @40000000522963bd206cc224.s
@400000005224967136c3b4ec.s current
@4000000052258c8a054e0e1c.s lock
@40000000522682a202244954.s state
 
下記のようにcurrentファイルを通常のように表示するとタイムスタンプが読める形で出力されません。
 
# tail current
 
@4000000052296bf20e87f68c delivery 632: success: did_1+0+0/
@4000000052296bf20e87fe5c status: local 0/8 remote 0/15
@4000000052296bf20e87fe5c end msg 918948
     :
 
下記のように”tai64nlocal”というツールを使って表示します。
 
# tai64nlocal < current | tail 2013-09-06 14:50:11.473366500 delivery 633: success: did_1+0+0/ 2013-09-06 14:50:11.473368500 status: local 0/8 remote 0/15 2013-09-06 14:50:11.473368500 end msg 918948      :

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です