yumによるpostfixのアップデート後、qmailのメール送信ができなくなる

yumのアップデートで大量のパッケージをアップデートした後、qmailのメール送信ができなくなるトラブルが発生しました。原因は、アップデートしたパッケージの中にpostfixが含まれていて、postfixのアップデート時にqmailの設定を上書きしていたことでした。

CentOS6のデフォルトのメール送信では、sendmailからのシンボリックがpostfixに設定されていて、postfixを使用するようになっています。
 
qmailインストール時にこの設定をqmailに変更していたのですが、postfixアップデート時にデフォルトの設定に上書きされてしまいました。
 
以下、設定の変更方法とメール送信不良によるキューの滞留の処理方法です。
 
1)sendmailからのシンボリックリンクをpostfixからqmailに変更
 
デフォルトの状態
/usr/lib/sendmail -> /etc/alternatives/mta-sendmail
/etc/alternatives/mta-sendmail -> /usr/lib/sendmail.postfix
/usr/lib/sendmail.postfix -> ../sbin/sendmail.postfix
 
変更内容
mv /usr/sbin/sendmail.postfix /usr/sbin/sendmail.postfix.bak
ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/sendmail.postfix
 
2)postfixのキューの確認、削除
 
上記の設定不良状態時にメール送信を試みていたメールメッセージは、postfixのキューに滞留しています。
 
・postfixのキューのパス
/var/spool/postfix/maildrop
 
・キューを確認するコマンド
# postqueue -p
 
・キュー内のメールを全削除
# postsuper -d ALL

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です