qmail タイムアウト設定

qmailのタイムアウト設定についてまとめました

1)リモートSMTPサーバーに接続する際のコネクションタイムアウト
 
/var/qmail/control/ディレクトリ内に”timeoutconnect”ファイルを作成し、秒数で指定
 
デフォルト値は、60秒
 
2)リモートSMTPサーバーからのレスポンスに対するタイムアウト
 
/var/qmail/control/ディレクトリ内に”timeoutremote”ファイルを作成し、秒数で指定
 
デフォルト値は、1200秒
 
3)ローカルSMTPサーバーがリモートのSMTPクライアントからの応答に対するタイムアウト
 
/var/qmail/control/ディレクトリ内に”timeoutsmtpd”ファイルを作成し、秒数で指定
 
デフォルト値は、1200秒
 
(設定確認)
 
上から順に、70、1210、1210の設定値でファイルを作成します。
 
# /var/qmail/bin/qmail-showctl | grep timeout
 
timeoutconnect: SMTP client connection timeout is 70 seconds.
timeoutremote: SMTP client data timeout is 1210 seconds.
timeoutsmtpd: SMTP server data timeout is 1210 seconds.

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です