WordPressで使われるテーブル一覧

WordPressで使用される各テーブルの概要をまとめました。

●wp_commentmeta
 
・コメントのメタデータを含む。
 
●wp_comments
 
・コメント・トラックバック・ピンバックデータを格納。
 
●wp_links
 
・リンク作成機能で入力されたリンク情報を格納。
・テーブルは存在するが、バージョン3.5でこの機能は非推奨。(Links Managerプラグインで有効化できる)。
 
●wp_options
 
・管理 > 設定パネルで設定されたオプション設定情報を格納
・プラグインやテーマの設定情報が格納されることも多い。
 
●wp_postmeta
 
・メタデータという各投稿記事特有の情報を格納。カスタムフィールドとして使用するほか、各投稿に情報や設定を付加するようなプラグインが、その情報を当テーブルに追加することがある。
 
●wp_posts
 
・すべてのタイプ(デフォルト、カスタムポストタイプ)の投稿、固定ページ、メディアレコード、リビジョン情報を含む。
 
●wp_terms
 
・投稿およびリンクのタクソノミ(カテゴリ・タグ)に使われる語句の基本情報を格納
 
●wp_term_relationships
 
・オブジェクト(wp_postsテーブルの各投稿記事、wp_linksテーブル内の各リンク)とwp_term_taxonomyの(少なくとも1)カテゴリ・タグとの関連付け情報を格納。
 
●wp_term_taxonomy
 
・投稿およびリンクの分類上の語句(カテゴリ・タグ)データを格納。
 
●wp_users
 
・登録ユーザーのログイン、パスワード、メールアドレスの情報などを格納。
 
●wp_usermeta
 
・名前、ニックネーム、ユーザーレベルなどのユーザーメタデータを格納。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です