WordPressの子テーマの概要、作り方

WordPressの子テーマに関してオンラインマニュアルを読んでまとめました。

(1)子テーマの概要


 
・親テーマの機能とスタイルを継承したテーマ。既存のテーマを変更する方法として、子テーマが推奨されている。
 
・テーマを直接変更した場合、そのテーマがアップデートされると変更が失われる可能性があるが、子テーマを使用すればテーマの変更は確実に保持される。
 
・子テーマは親テーマのファイルを上書きできる。
 
・style.cssと異なり、子テーマのfunctions.php は、親テーマの機能を上書きしない。代わりに親のfunctions.phpに追加して読み込まれる。(正確には、親テーマのファイルの直前に読み込まれる。)
 

(2)子テーマの作り方


 
①wp-content/themesディレクトリ配下に子テーマディレクトリを作成
(名前には最後に’-child’を付けることが推奨)
 
②子テーマのスタイルシート(style.css)を作成
 
スタイルシートヘッダにTemplate行を記述し、親テーマのディレクトリ名を指定する。
 
③functions.phpを作成し、wp_enqueue_script()で親テーマのスタイルシートをインポート
 

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );

}

 
④管理画面で子テーマを有効にする

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です