LinuxのRPMパッケージ内のファイルのパーミッション、オーナーの設定を元に戻したい場合

ファイルのパーミッションや所有者の設定をコマンド入力ミスなどで間違えてしまった場合、RPMパッケージ内のファイルであればrpmコマンドで元の状態に戻す事が出来ます。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

RPMパッケージのパーミッションをリセットする
パッケージのパーミッションを間違って設定してしまった場合、下記rpmコマンドでパッケージのデフォルト状態にリセットする事が出来ます。
 
rpm –setperms  
例)telnetのRPMパッケージ内の”/usr/bin/telnet”ファイルのグループに対する書き込み権限

①実行前、グループに対する書き込み権限が付与されている状態
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxrwxr-x 1 root root 102808 Sep 26  2012 /usr/bin/telnet

②rpmコマンドでリセット
# rpm --setperms telnet

③実行後の確認
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxr-xr-x 1 root root 102808 Sep 26  2012 /usr/bin/telnet

パッケージの所有者をリセットする
パッケージ内のファイルのオーナーを間違って設定してしまった場合、下記rpmコマンドでパッケージのデフォルト状態にリセットする事が出来ます。
 
rpm –setugids  
例)telnetのRPMパッケージ内の”/usr/bin/telnet”ファイルの所有グループ

①実行前の確認
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxr-xr-x 1 root apache 102808 Sep 26  2012 /usr/bin/telnet

②rpmコマンドでリセット
# rpm --setugids telnet

③実行後の確認
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxr-xr-x 1 root root 102808 Sep 26  2012 /usr/bin/telnet

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です