LinuxのRPMパッケージ内のファイルのパーミッション、オーナーの設定を元に戻したい場合

ファイルのパーミッションやオーナーの設定をコマンド入力ミスなどで間違えてしまった場合、RPMパッケージ内のファイルであればrpmコマンドで元の状態に戻す事が出来ます。

1)RPMパッケージのパーミッションをリセットする


 
パッケージのパーミッションを間違って設定してしまった場合、下記rpmコマンドでパッケージのデフォルト状態にリセットする事が出来ます。
 
rpm –setperms  
実行例)
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxrwxr-x 1 root root 102808 Sep 26 2012 /usr/bin/telnet
 
上記のようにtelnetのRPMパッケージ内の”/usr/bin/telnet”ファイルがグループに対して書込権限が付与されている状態です。
 
# rpm –setperms telnet
 
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxr-xr-x 1 root root 102808 Sep 26 2012 /usr/bin/telnet

 
グループに対する書込権限が除去され、元の状態に戻っています。 
 

2)パッケージのオーナーをリセットする


 
パッケージ内のファイルのオーナーを間違って設定してしまった場合、下記rpmコマンドでパッケージのデフォルト状態にリセットする事が出来ます。
 
rpm –setugids  
実行例)
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxr-xr-x 1 root apache 102808 Sep 26 2012 /usr/bin/telnet
 
# rpm –setugids telnet
 
# ls -al /usr/bin/telnet
-rwxr-xr-x 1 root root 102808 Sep 26 2012 /usr/bin/telnet

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です