yum.confのmainセクションの設定方法

yum.confのmainセクションの設定方法についてまとめました。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

yum.confのmainセクション
yum.confのmainセクションは以下のように記述されています。

[main]
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1
installonly_limit=5

各設定項目
①assumeyes=0 or 1
 
・インストールなどを実行前にプロンプトでユーザーに確認を求める。
 
②cachedir=ディレクトリ
 
・yumがキャッシュとデータベースファイルを格納するディレクトリの絶対パス。
 
③debuglevel=0~10
 
・高い値ほど詳しいデバッグ出力。
 
・”0″でデバッグ出力を無効。デフォルトは”2″。
 
④exactarch=0 or 1(デフォルトは1)
 
0:パッケージの更新時に正しいアーキテクチャーを考慮に入れて実行しない。
 
1:パッケージの更新時には正しいアーキテクチャーを考慮に入れて実行する。
 
システムにすでにi386パッケージがインストール済みの場合、i686パッケージをインストールして更新することはない。
 
⑤gpgcheck=0 or 1(デフォルトは1)
 
・全リポジトリ内の全パッケージ上でのGPG署名確認を有効にする。
 
⑥groupremove_leaf_only=0 or 1(デフォルトは0)
 
・”1″を指定すると、パッケージグループの削除時に各パッケージの依存関係を確認して、他のパッケージやグループにより必要とされていないパッケージのみを削除する。
 
⑦keepcache=0 or 1(デフォルトは0)
 
・”1″を指定すると、インストールの成功後ヘッダーとパッケージのキャッシュを保持する。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です