Linuxで「~のファイルが無い」とか「~のコマンドが無い」でインストールが失敗した場合

あるパッケージをインストール中、たとえば
“mysql.h is missing”
“phpize: command not found”
などのエラーが発生した場合は、”mysql.h”または”phpize”を所有するパッケージをインストールすると解決する場合が多いです。
 ただ、対象のファイルを含むパッケージが何なのかについては、すぐには分からない場合も多いと思います。

検索エンジンでエラーコメントで検索すれば見つかると思いますがyumコマンドで分かる場合もあります。
 
書式
yum provides “検索文字”
※検索文字に、ワイルドカードやファイル名を指定する。
 
例1)

$ yum provides "*/mysql.h"
   :
mysql-devel-5.1.61-4.el6.x86_64 : Files for development of MySQL applications
Repo        : base
Matched from:
Filename    : /usr/include/mysql/mysql.h
   :
mysql-devel-5.1.67-1.el6_3.x86_64 : Files for development of MySQL applications
Repo        : installed
Matched from:
Filename    : /usr/include/mysql/mysql.h
 
 

 
例2)

# yum provides "*/phpize"
   :
php-devel-5.3.3-22.el6.x86_64 : Files needed for building PHP extensions
Repo        : base
Matched from:
Filename    : /usr/bin/phpize
   :
php-devel-5.3.3-23.el6_4.x86_64 : Files needed for building PHP extensions
Repo        : updates
Matched from:
Filename    : /usr/bin/phpize
 
 

上記実行例のように、該当するパッケージのリストが、インストール済み、未インストールに関わらず表示されます。
 
パッケージ名が分かれば、後は普通に”yum install パッケージ名”でインストールする事が出来ます。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です