Piwikで自分が表示確認したアクセス記録を残さないようにする

作成したページの表示確認をする際、プレビュー機能より直接ブラウザで自サイトのURLにアクセスする方が都合が良い場合があります。
 
Piwikでデフォルトの設定のままだと、その自分がアクセスした分も通常の訪問者、ビューとして分析対象となり記録されてしまいます。それを防ぐ方法を紹介します。

①Piwik管理画面の上部メニュー「設定」をクリック。
 
②左サイドメニューの「ウェブサイト」をクリック。
 
③”ウェブサイトの管理”欄の下”全般的なウェブサイト設定”欄を表示する。
 
④”全般的な除外IPリスト”に自分のPCのグローバルIPアドレスを入力する。
 
自分のPCに設定されているIPアドレスがプライベートアドレスで、グローバルIPアドレスが分からない場合があるかと思いますが、入力欄のすぐ右に”あなたの現在のIPアドレスは、xx.xx.xx.xxです。”と表示されているので、その値を入力すれば良いと思います。
 
⑤画面の一番下にある”保存”ボタンをクリックする。
 
注)私が利用しているプロバイダーは、ある一定期間毎に割り当てられるグローバルIIPアドレスが変更されるので、変更される度に設定変更しています。
 
変更されたかどうかは、VPSサーバーのSSH接続を自分のIPアドレスのみ許可しているのですが、グローバルIPアドレスが変更されるとSSH接続が出来なくなるので、その時に変更されたんだなと分かります。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です