Linuxのconsole-kit-daemonプロセスの概要

CentOS6.5ではデフォルトでconsole-kit-daemonというデーモンプロセスが実行されています。このプロセスの概要についてまとめました。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

console-kit-daemonとは?
1)psコマンドの出力内容は?
 

$ ps -ef
root      2903     1  0 Jul25 ?        00:00:00 /usr/sbin/console-kit-daemon --no-daemon
>

 
2)どのパッケージに属する?
 
$ rpm -qf /usr/sbin/console-kit-daemon
ConsoleKit-0.4.1-3.el6.x86_64
 
3)ConsoleKitパッケージの設定ファイル一覧
 
$ rpm -qc ConsoleKit
/etc/ConsoleKit/seats.d/00-primary.seat
/etc/event.d/ck-log-system-restart
/etc/event.d/ck-log-system-start
/etc/event.d/ck-log-system-stop
 
4)ConsoleKitパッケージの文書ファイル一覧
 
$ rpm -qd ConsoleKit
/usr/share/doc/ConsoleKit-0.4.1/AUTHORS
/usr/share/doc/ConsoleKit-0.4.1/COPYING
/usr/share/doc/ConsoleKit-0.4.1/NEWS
/usr/share/doc/ConsoleKit-0.4.1/README
 
5)ConsoleKitパッケージの概要
 
“yum info ConsoleKit”コマンドでパッケージの概要を確認しました。
 
①サマリー
System daemon for tracking users, sessions and seats
 
②URL
http://www.freedesktop.org/wiki/Software/ConsoleKit
 
③説明
・ConsoleKitは、ユーザーがシステムにログインし、どのようにコンピュータを使用しているか(どのキーボード、マウスを使用しているかなど)を追跡するためのシステムデーモン。
・システムメッセージバスを介した非同期通知をサポートする。

ConsoleKitの概要
ConsoleKitの概要をREADMEを読んで確認しました。
 
●ConsoleKitとは?
 
・ConsoleKitは、ユーザー、ログインセッション、seatを定義、追跡するためのフレームワーク。
 
●seatとは?
 
・seatとは、セッションとハードウェア(通常は少なくてもキーボードとマウスは含む)のセットのコレクション。
・seat上では、一時点で一つのセッションしかアクティブになれない。
 
●セッションとは?
 
・セッションは、一つの共通の祖先を起源とし、シークレット情報を保持するすべてのプロセスのコレクション。
・このシークレットは、ログインマネージャによってXDG_SESSION_COOKIEという名前でプロセス環境内で保存されている。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です