Linuxのagettyの概要

CentOS6.5ではデフォルトでagettyというプロセスが実行されています。このプロセスの概要についてまとめました。

1)psコマンドの出力
 
$ ps -ef
root 1615 1 0 Jul25 ttyS0 00:00:00 /sbin/agetty /dev/ttyS0 115200 vt100-nav
 
2)どのパッケージに属するか
 
$ rpm -qf /sbin/agetty
util-linux-ng-2.17.2-12.14.el6_5.x86_64
 
3)agettyの概要
 
・alternative Linux getty
 
・agettyは、ttyポートをオープン、ログイン名をプロンプトし、/bin/loginコマンドを呼び出す。
 
通常は、initによって呼び出される。
 
・このプログラムは/etc/gettydefsまたは/etc/get-tytabを使用しない。
 
4)コマンドの書式
 
agetty port baud_rate,… [term]
 
・port
 
/devディレクトリのパス名
 
・baud_rate
 
カンマで区切りのbaudレートのリスト。
 
・TERM環境変数で使用される値。initによって設定された値をオーバーライドし、ログインとシェルによって継承される。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です