AngularJSを使ってGoogleマップ(16)クリックした地点のストリートビューを表示

ストリートビューサービスを使って、クリックした地点のストリートビューを表示するサンプルコードを作成しました。

(1)サンプルコード


 
デモ表示へ
 

(2)サンプルコードの内容


 
1)地図上のクリックを監視するイベントを登録
 
events: {
 click: function (map, eventName, originalEventArgs) {
  :
 
2)クリック位置からストリートビューのデータを取得
 
StreetViewServiceのgetPanoramaByLocationメソッドを使って、クリックした位置のストリートビューデータを取得します。
 
var sv = new google.maps.StreetViewService();
var event = originalEventArgs[0];
sv.getPanoramaByLocation(event.latLng, 50, processSVData);
 
イベントで検知した位置情報(event.latLng)と検索対象の半径(50m)を引数に指定して、その範囲内のストリートビューパノラマデータを検索します。
 
検索したパノラマデータをコールバック関数(processSVData)に渡して処理します。

3)コールバック関数(processSVData)
 
引数の”data”はStreetViewPanoramaDataオブジェクト
引数の”status”はStreetViewStatusオブジェクト
 
①クリックした場所でパノラマデータを見つける事が出来たかどうかステータス(StreetViewStatus)を確認
 
if (status == google.maps.StreetViewStatus.OK) {
 
②引数のStreetViewPanoramaDataオブジェクトのlocation.latLng属性から位置情報を取得し、マーカーを設定
 
$scope.map.marker.latitude = data.location.latLng.lat();
$scope.map.marker.longitude = data.location.latLng.lng();
$scope.map.marker.title = data.location.description;
 
③ストリートビューのデータ取得
 
StreetViewPanoramaDataオブジェクト(data)からパノラマIDを取得し、setPanoでStreetViewPanoramaオブジェクトを設定します。
 
panorama.setPano(data.location.pano);
 
④ストリートビューの表示をONにする
 
StreetViewPanoramaオブジェクトのsetVisibleでストリートビューの表示をONにします。
 
panorama.setVisible(true);
 
AngularJS、Googleマップの他の記事の目次

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください