AngularJSを使ってGoogleマップ(16)クリックした地点のストリートビューを表示

ストリートビューサービスを使って、クリックした地点のストリートビューを表示するサンプルコードを作成しました。

(1)サンプルコード 
デモ表示へ
①HTML本文

<div ng-controller="MyCtrl">
<div class="row">
  <div class="col-sm-6">
    <google-map 
      id="map-canvas"
      center="map.center"
      zoom="map.zoom"
      draggable="true"
      options="map.options"
      control="map.control"
      events="map.events"
    >
      <marker coords="map.marker">
      </marker>
    </google-map>
  </div>
  <div class="col-sm-6">
    <div id="pano" style=" height: 400px;"></div>
  </div>
</div>
</div>

②スクリプト(js/map16.js)

var mapApp = angular.module('googleMapApp', ['google-maps','ui.bootstrap']);

var panorama;

mapApp.controller("MyCtrl", function ($scope) {
  angular.extend($scope, {
  map: {
      center: {
        latitude: 35.681382,
        longitude: 139.766084
      },
      options: {
        maxZoom: 20,
        minZoom: 3
      },
      zoom: 15,
      control: {},
      events: { 
        click: function (map, eventName, originalEventArgs) {
          var sv = new google.maps.StreetViewService();
          var event = originalEventArgs[0];
          sv.getPanoramaByLocation(event.latLng, 50, processSVData);
        }
      },
      marker: {},
    }
  });

  function processSVData(data, status) {
    if (status == google.maps.StreetViewStatus.OK) {
      $scope.map.marker.latitude = data.location.latLng.lat();
      $scope.map.marker.longitude = data.location.latLng.lng();
      $scope.map.marker.title = data.location.description;
      panorama = new google.maps.StreetViewPanorama(document.getElementById('pano'));
      panorama.setPano(data.location.pano);
      panorama.setPov({
        heading: 270,
        pitch: 0
      });
      panorama.setVisible(true);
      $scope.$apply();
    } else {
      alert('Street View data not found for this location.');
    }
  }
});

③CSS

@import url('bootstrap/css/bootstrap.css');
.angular-google-map-container {
  height: 400px;
}

(2)サンプルコードの内容
 
1)地図上のクリックを監視するイベントを登録
 
events: {
 click: function (map, eventName, originalEventArgs) {
  :
 
2)クリック位置からストリートビューのデータを取得
 
StreetViewServiceのgetPanoramaByLocationメソッドを使って、クリックした位置のストリートビューデータを取得します。
 
var sv = new google.maps.StreetViewService();
var event = originalEventArgs[0];
sv.getPanoramaByLocation(event.latLng, 50, processSVData);
 
イベントで検知した位置情報(event.latLng)と検索対象の半径(50m)を引数に指定して、その範囲内のストリートビューパノラマデータを検索します。
 
検索したパノラマデータをコールバック関数(processSVData)に渡して処理します。

3)コールバック関数(processSVData)
 
引数の”data”はStreetViewPanoramaDataオブジェクト
引数の”status”はStreetViewStatusオブジェクト
 
①クリックした場所でパノラマデータを見つける事が出来たかどうかステータス(StreetViewStatus)を確認
 
if (status == google.maps.StreetViewStatus.OK) {
 
②引数のStreetViewPanoramaDataオブジェクトのlocation.latLng属性から位置情報を取得し、マーカーを設定
 
$scope.map.marker.latitude = data.location.latLng.lat();
$scope.map.marker.longitude = data.location.latLng.lng();
$scope.map.marker.title = data.location.description;
 
③ストリートビューのデータ取得
 
StreetViewPanoramaDataオブジェクト(data)からパノラマIDを取得し、setPanoでStreetViewPanoramaオブジェクトを設定します。
 
panorama.setPano(data.location.pano);
 
④ストリートビューの表示をONにする
 
StreetViewPanoramaオブジェクトのsetVisibleでストリートビューの表示をONにします。
 
panorama.setVisible(true);
 
AngularJS、Googleマップの他の記事の目次

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です