AngularJSを使ってGoogleマップ(13)逆ジオコーディングで地図上クリックで住所を表示

ジオコーディングサービスを使って地図上をクリックしたポイントの位置情報(緯度、経度)を住所に変換して表示してみます。

(1)サンプルコード
 
地図上の任意の位置をクリックするとマーカーを表示し、マーカーをクリックすると情報ウィンドウをオープンし、その地点の住所を表示します。
 デモ表示へ
①HTML本文

<div ng-controller="MyCtrl">
<div class="row">
  <div class="col-sm-6">
    <google-map 
      id="map-canvas"
      center="map.center"
      zoom="map.zoom"
      draggable="true"
      options="map.options"
      control="map.control"
      events="map.events"
    >
      <marker coords="map.marker" click="onMarkerClicked(map.marker)">
        <window show="map.marker.showWindow"
                closeClick="closeClick(map.marker)"
                templateUrl="map.templateUrl"
                templateParameter="map.templateParameter"
        >
        </window>
      </marker>
    </google-map>
  </div>
  <div class="col-sm-6">
  </div>
</div>
</div>

②スクリプト(js/map13.js)

var mapApp = angular.module('googleMapApp', ['google-maps','ui.bootstrap']);

mapApp.controller("MyCtrl", function ($scope) {
  angular.extend($scope, {
  map: {
      center: {
        latitude: 35.681382,
        longitude: 139.766084
      },
      options: {
        maxZoom: 20,
        minZoom: 3
      },
      zoom: 15,
      control: {},
      events: { 
        click: function (map, eventName, originalEventArgs) {
          addLatLng(map, eventName, originalEventArgs);
        }
      },
      marker: {
        showWindow: false 
      },
      templateUrl: 'assets/templates/addr.html',
      templateParameter: {
        message: ''
      }
    }
  });
  function addLatLng(map, eventName, originalEventArgs) {
    var infowindow = new google.maps.InfoWindow();
    var e = originalEventArgs[0];
    var geocoder;
    geocoder = new google.maps.Geocoder();
    var lat = parseFloat(e.latLng.lat());
    var lng = parseFloat(e.latLng.lng());
    var latlng = new google.maps.LatLng(lat, lng);

    geocoder.geocode({'latLng': latlng}, function(results, status) {
      if (status == google.maps.GeocoderStatus.OK) {
        if (results[0]) {
          $scope.map.marker.latitude = lat;
          $scope.map.marker.longitude = lng;
          $scope.map.templateParameter.message = results[0].formatted_address;
          $scope.$apply();
        } else {
          alert('No results found');
        }
      } else {
        alert('Geocoder failed due to: ' + status);
      }
    });
  }
  $scope.closeClick = function (marker) {
    marker.showWindow = false;
  };
  $scope.onMarkerClicked = function (marker) {
    marker.showWindow = true;
  };
});

③CSS

@import url('bootstrap/css/bootstrap.css');
.angular-google-map-container {
  height: 400px;
}

④情報ウィンドウテンプレートファイル(assets/templates/addr.html)

<div>
  <strong>住所</strong>
  <div>
    {{ parameter.message }}
  </div>
</div>

 
(2)サンプルコードの内容
 
1)マップクリックイベント時の動作を定義
 
“click”イベント発生時に位置情報から住所に変換して、マーカーと情報ウィンドウを定義するaddLatLng()関数を呼び出します。
(HTML)
<google-map ・・events=”map.events”>
 
(スクリプト)
events: {
 click: function (map, eventName, originalEventArgs) {
  addLatLng(map, eventName, originalEventArgs);
 }
},
 
2)addLatLng()関数を定義
 
①クリックイベントの引数からクリックした位置情報を取得
 
var e = originalEventArgs[0];
 
②ジオコーディングサービスを使って位置情報を住所に変換
 
Geocoderオブジェクトのgeocodeメソッドを使って位置情報(緯度、経度)を住所に変換します。
 
●geocodeメソッドの書式
 
geocode(request:GeocoderRequest, callback:function(Array.<GeocoderResult>, GeocoderStatus))
 
●サンプルコード
 
geocoder.geocode({‘latLng’: latlng}, function(results, status) {
 
・{‘latLng’: latlng}
 リクエスト。クリックした位置の緯度・経度情報を指定。
・status
 逆ジオコーディングした際のステータス
・results
 逆ジオコーディングした結果が保持される配列
 
③マーカーを定義
 
・上記①で取得した位置情報をマーカーに設定
 
var lat = parseFloat(e.latLng.lat());
var lng = parseFloat(e.latLng.lng());
  :
$scope.map.marker.latitude = lat;
$scope.map.marker.longitude = lng;
 
・上記②で取得した住所を情報ウィンドウ内に設定
 
$scope.map.templateParameter.message = results[0].formatted_address;
 
3)情報ウィンドウを定義
 
情報ウィンドウのレイアウトを”templateUrl”属性で外部ファイルを指定し、情報ウィンドウ内に表示する文字列を”templateParameter”属性で指定します。
 
(HTML)
<window show=”map.marker.showWindow”
 closeClick=”closeClick(map.marker)”
 templateUrl=”map.templateUrl”
 templateParameter=”map.templateParameter”
>
 
4)マーカークリック時に情報ウィンドウをオープン、クローズする関数を定義
 
“showWindow”属性を使って表示、非表示を制御します。
 
(HTML)
<marker coords=”map.marker” click=”onMarkerClicked(map.marker)”>
 <window show=”map.marker.showWindow”
  closeClick=”closeClick(map.marker)”
 
(スクリプト)
$scope.closeClick = function (marker) {
 marker.showWindow = false;
};
$scope.onMarkerClicked = function (marker) {
 marker.showWindow = true;
};
 
AngularJS、Googleマップの他の記事の目次

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です