AngularJSを使ってGoogleマップ(9)ルート計算の結果をテキストでも表示する

前回は経由地も複数選択して地図上に徒歩ルートを表示しました。今回は、ルート計算の結果をテキストでも表示するようにしました。

(1)サンプルコード
 デモ表示へ
以下のサンプルコードでは、ルート計算結果の各経路のFromとToの住所、距離を表示しています。
 
①HTML本文

<div ng-controller="MyCtrl">
  <div class="row">
    <div class="col-sm-6">
      <google-map 
        id="map-canvas"
        center="map.center"
        zoom="map.zoom"
        draggable="true"
        options="map.options"
        control="map.control"
      >
      </google-map>
    </div>
    <div class="col-sm-6">
      <form class="form-horizontal" role="form">
        <div class="form-group">
          <label class="col-sm-2 control-label">出発地</label>
          <div class="col-sm-8">
            <select class="form-control" ng-model="routePoints.start" 
                    ng-options="route.name for route in map.routes.start">
            </select>
          </div>
        </div>
<i>(Ctrl-Clickで経由地を複数選択できます。)</i> <br>
        <div class="form-group">
          <label class="col-sm-2 control-label">経由</label>
          <div class="col-sm-8">
            <select multiple class="form-control" ng-model="routePoints.ways" 
                    ng-options="route.name for route in map.routes.ways">
            </select>
          </div>
        </div>
        <div class="form-group">
          <label class="col-sm-2 control-label">目的地</label>
          <div class="col-sm-8">
            <select class="form-control" ng-model="routePoints.end" 
                    ng-options="route.name for route in map.routes.end">
            </select>
          </div>
        </div>
        <button ng-click="calcRoute(routePoints)" type="submit" class="btn btn-default">送信</button>
      </form>
      <li ng-repeat="route in routesDisplay">
      ルート{{route.title}}<br />From:{{route.start}}<br />To:{{route.end}}<br />距離:{{route.distance}}<br /><br />
      </li>
    </div>
  </div>
</div>

②スクリプト(js/map9.js)

var mapApp = angular.module('googleMapApp', ['google-maps','ui.bootstrap']);

mapApp.controller("MyCtrl", function ($scope) {

  angular.extend($scope, {
    map: {
      center: {
        latitude: 35.681382,
        longitude: 139.766084
      },
      options: {
        maxZoom: 20,
        minZoom: 3
      },
      zoom: 15,
      control: {},
      routes: {
        start: [
          {name:'東京駅', latlng:'35.6813177190391,139.76609230041504'},
          {name:'大手町駅', latlng:'35.684228393108306,139.76293802261353'}
        ],
        ways: [
          {name:'大手門', latlng:'35.68567497604782,139.7612428665161'},
          {name:'二重橋前', latlng:'35.67947017023017,139.75772380828857'},
          {name:'東京タワー', latlng:'日本, 東京都港区芝公園4-2-8'},
          {name:'浜離宮恩賜庭園', latlng:'日本, 東京都中央区浜離宮庭園1-1'}
        ],
        end: [
          {name:'東京駅', latlng:'35.6813177190391,139.76609230041504'},
          {name:'大手町駅', latlng:'35.684228393108306,139.76293802261353'}
        ]
      }
    },
    routePoints: {
      start: {},
      end: {}
    },
    routesDisplay: []
  });
  $scope.routePoints.start = $scope.map.routes.start[0];
  $scope.routePoints.end = $scope.map.routes.end[1];
 
  var directionsDisplay = new google.maps.DirectionsRenderer();

  $scope.calcRoute = function (routePoints) {
    var ways = [];
    for (var i = 0; i < routePoints.ways.length; i++) {
      ways.push({
        location:routePoints.ways[i].latlng,
        stopover:true
      });
    };
    var directionsService = new google.maps.DirectionsService();
    directionsDisplay.setMap($scope.map.control.getGMap());
    var start = routePoints.start.latlng;
    var end = routePoints.end.latlng;
    var request = {
      origin: start,
      destination: end,
      waypoints: ways,
      optimizeWaypoints: true,
      travelMode: google.maps.TravelMode.WALKING
    };
    var routesDisplay = [];
    directionsService.route(request, function(response, status) {
      if (status == google.maps.DirectionsStatus.OK) {
        directionsDisplay.setDirections(response);
        var route = response.routes[0];
        for (var i = 0; i < route.legs.length; i++) {
          var routeid = i + 1;
          routesDisplay.push({
            title: routeid,
            start: route.legs[i].start_address,
            end: route.legs[i].end_address,
            distance: route.legs[i].distance.text
          });
        }
      }
    });
    $scope.routesDisplay = routesDisplay;
    return;
  };
});

③CSS

@import url('bootstrap/css/bootstrap.css');
.angular-google-map-container {
  height: 400px;
}

(2)サンプルコードの内容
 
DirectionsServiceオブジェクトのrouteメソッドを使ってルート計算するところまでは前回と同じです。
 
ルート計算の実行結果はDirectionsResultオブジェクト(サンプルコードではresponse変数)に保持され、前回まではこのオブジェクトをDirectionsRenderer オブジェクトのsetDirections()を使って地図上にルートを表示していました。
 
今回は、DirectionsResultオブジェクトからルート計算結果をテキストデータで取得します。
 
1)ルート計算の結果:DirectionsResultオブジェクト(サンプルコード:response)
 
・DirectionsResultは、routes[]フィールドのみ持ち、DirectionsRequestで指定された出発地点から到着地点に至る経路を示します。
 
・routes[]フィールドには、DirectionsRouteオブジェクトの配列が格納が格納されます。
 
原則として、1つのリクエストに対して返されるルートは1つだけですが、リクエスト(DirectionsRequest)のprovideRouteAlternatives属性true に設定されている場合は、複数のルートが返されることがあります。
 
サンプルコードでは、以下の箇所で使用しています。
 
var route = response.routes[0];
 
2)ルート全体の情報:DirectionsRouteオブジェクト(サンプルコード:route)
 
指定された出発地点と到着地点からの結果が格納され、以下の属性を持ちます。
 
①legs[]:
・DirectionsLegオブジェクトの配列が格納。
・各オブジェクトには、ルート内の2つの地点に基づくルート内区間に関する情報が格納。
・区間は、指定された経由地または目的地ごとに1つずつ存在。
詳細は3)参照
 
②waypoint_order:
計算されたルート内のウェイポイントの順序が格納
 
③overview_path:
ルート結果のおよその(なめらかな)パスを表すLatLngの配列が格納。
 
④bounds:
ルートのポリラインの境界を示すLatLngBoundsが格納
 
⑤copyrights:
ルートと一緒に表示される著作権表示のテキストが格納
 
⑥warnings[]:
ルートと一緒に表示される警告の配列が格納
 
サンプルコードでは、legs[]属性から各区間の情報を取得して表示しています。
 
3)ルートの各区間の情報:DirectionsLeg(サンプルコード:route.legs)
 
DirectionsLeg は、計算されたルート内の出発地点から到着地点までの行程内の1つの区間を定義し、以下の属性を持ちます。
 
サンプルコードでは、start_address、end_address、distance.text属性の値を取得して表示しています。
 
①steps[]:
行程内の区間の各ステップに関する情報を示すDirectionsStep オブジェクトの配列が格納。詳細は4)参照
 
②distance:
当該区間の距離の合計を、次の形式のDistanceオブジェクトとして示す。
 value:メートル法に基づく距離
 text: 距離の文字列表現(マイル、メートル)
 
③duration:
当該区間の所要時間の合計を、次の形式の Duration オブジェクトとして示す。
 value: 所要時間を秒で示す。
 text: 所要時間の文字列表現が格納。
 
④arrival_time:
この区間の予測到着時刻が格納。乗換案内の場合のみ返される。
 
⑤departure_time:
この区間の予測出発時刻がTimeオブジェクトとして指定されて格納。乗換案内の場合のみ。
 
⑥start_location:
この区間の出発地点の LatLng が格納
 
⑦end_location:
この区間の到着地点の LatLng が格納
 
⑧start_address:
この区間の始点の住所が人間の読める形式で格納(通常は住所形式)
 
⑨end_address:
この区間の終点の住所が人間の読める形式で格納(通常は住所形式)
 
4)ルートのステップ DirectionsStep
 
ルートを構成する最小単位で、「斜め右に折れる 0.1 km」などと表示される。
 
AngularJS、Googleマップの他の記事の目次

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です