Angular2のプロパティバインディングとアトリビュートバインディング

Angular2のプロパティバインディングとアトリビュートバインディングについてまとめました。
※Angular2の2.0.0版、TypeScriptを使って確認したものです。

(1)プロパティバインディング


 
・コンポーネント内で定義したプロパティの値などをDOM要素のプロパティにセットする。
 
●形式
 
プロパティ名を角括弧でラップするか、”bind-“をプレフィックスする。
 
例)img要素のsrc属性にコンポーネントで定義した値をセット
<img [src]=”ImagePath”>
<img bind-src=”ImagePath”>
 
●サンプル

@Component({
  selector: 'my-app',
  template: `
    <p>画像のパスは、{{getPath()}} です。</p>
    <img [src]="sampleImagePath">
    <img bind-src="sampleImagePath">
    <img src="{{sampleImagePath}}">
    <img [src]="getPath()">
  `
})
export class MyApp {
  public sampleImagePath = "./sample.jpg";
  getPath() {
    return "./sample.jpg";
  }
}

 

(2)HTMLアトリビュート(attribute)とDOMプロパティ(property)


 
・アトリビュートはHTMLに記述され定義。プロパティはHTMLから構築されたDOMによって定義。
 
・いくつかのHTMLアトリビュートはプロパティと1:1でマッピングされる(idなど)が、あるHTMLアトリビュートは対応するプロパティがない(colspanなど)。
 
・あるDOMプロパティは対応するHTMLアトリビュートがない(textContentなど)。
 
・DOMプロパティは、初期値から変更された場合、現在の値がプロパティの値になるが、HTMLアトリビュートの場合は初期値のまま。
 
例)
<input type=”text” value=”名前”>
ユーザーが”鈴木”と入力し変更した場合。
 DOM要素の”value”プロパティの値は、”鈴木”。
 HTMLの”value”アトリビュートの値は、”名前”。
 input.getAttribute(‘value’) //”名前”がリターン。
 

(3)アトリビュートバインディング


 
・aria、svg、tableのspanアトリビュートは、対応する要素プロパティがない。このような場合に、アトリビュートバインディングを使用する。
 
●形式
[attr.アトリビュート名]
 
例)
<tr><td [attr.colspan]=”1 + 1″>One-Two</td></tr>
<button [attr.aria-label]=”actionName”>{{actionName}} with Aria</button>
 
以下のようにプロパティバインディングの形式で指定すると”Can’t bind to ‘colspan’ since it isn’t a known native property”のエラーが発生する。
 
<tr><td colspan=”{{1 + 1}}”>Three-Four</td></tr>
 

(4)プロパティバインディングを使って有効、無効の切替え


 
input要素のreadonly、チェックボックスのchecked、option要素のselected、button要素のdisabledは、属性名と値のペアで指定せず、属性名を指定するかしないかで有効、無効を切替えています。
 
Angular1では、ng-disabled、ng-checked、ng-readonly、ng-selectedディレクティブを使って設定していましたが、Angular2ではプロパティバインディングを使って設定します。
 
①ボタンの有効無効を切り替え
 
“checkValue”の値がtrueの場合は”disabled”属性が有効になります。
<button class=”btn btn-success” [disabled]=”checkValue”>ボタン</button>
 
②チェックボックスのチェックを切り替え
 
<input type=”checkbox” [checked]=”checkValue”>最上部チェック有効
 
③読込専用を切り替え
 
<input type=”text” [readonly]=”checkValue” value=”最上部チェックで読込専用”/>
 
④選択、未選択を切り替え
 
<select>
 <option selected>選択肢1</option>
 <option>選択肢2</option>
 <option [selected]=”checkValue”>最上部チェックで有効</option>
</select>
 

(5)デモ


Angular : 2.0.0
Bootstrap : 3.2.0

Loading…

<html>
  <head>
    <title>Angular 2 Demo</title>
    <script src="https://npmcdn.com/core-js/client/shim.min.js"></script>
    <script src="https://npmcdn.com/zone.js@0.6.23?main=browser"></script>
    <script src="https://npmcdn.com/reflect-metadata@0.1.3"></script>
    <script src="https://npmcdn.com/systemjs@0.19.27/dist/system.src.js"></script>
    <script src="./js/systemjs.config.js"></script>
    <script>
      System.import('./ts/app.ts').catch(function(err){ console.error(err);  });    </script>
    <link rel="stylesheet" href="./css/bootstrap.min.css">
    <link rel="stylesheet" href="./css/styles.css">
  </head>
  <body>
    <div class="container">
      <my-app>Loading...</my-app>
    </div>
  </body>
</html>

(systemjs.config.js)
(function(global) {

  var ngVer = '@2.0.0';
  var routerVer = '@3.0.0';
  var formsVer = '@2.0.0';
  var routerDeprecatedVer = '@2.0.0-rc.2';
  var map = {
    'app':                        'app',
    '@angular':                   'https://npmcdn.com/@angular',
    '@angular/router':            'https://npmcdn.com/@angular/router' + routerVer,
    '@angular/forms':             'https://npmcdn.com/@angular/forms' + formsVer,
    '@angular/router-deprecated': 'https://npmcdn.com/@angular/router-deprecated' + routerDeprecatedVer,
    'angular2-in-memory-web-api': 'https://npmcdn.com/angular2-in-memory-web-api',
    'rxjs':                       'https://npmcdn.com/rxjs@5.0.0-beta.12',
    'ts':                         'https://npmcdn.com/plugin-typescript@4.0.10/lib/plugin.js',
    'typescript':                 'https://npmcdn.com/typescript@1.9.0-dev.20160409/lib/typescript.js',
 };
  var packages = {
    'app':                        { main: 'main.ts',  defaultExtension: 'ts' },
    'rxjs':                       { defaultExtension: 'js' },
    'angular2-in-memory-web-api': { main: 'index.js', defaultExtension: 'js' },
  };

  var ngPackageNames = [
    'common',
    'compiler',
    'core',
    'http',
    'platform-browser',
    'platform-browser-dynamic',
    'upgrade',
  ];
  ngPackageNames.forEach(function(pkgName) {
    map['@angular/'+pkgName] = 'https://npmcdn.com/@angular/' + pkgName + ngVer;
  });
  ngPackageNames.concat(['forms', 'router', 'router-deprecated']).forEach(function(pkgName) {
    packages['@angular/'+pkgName] = { main: '/bundles/' + pkgName + '.umd.js', defaultExtension: 'js' };
  });

  var config = {
    transpiler: 'ts',
    meta: {
      'typescript': {
        "exports": "ts"
      }
    },
    map: map,
    packages: packages
  };

  System.config(config);

})(this);

import { platformBrowserDynamic } from '@angular/platform-browser-dynamic';
import { NgModule } from '@angular/core';
import { BrowserModule }  from '@angular/platform-browser';
import { Component } from '@angular/core';
import { FormsModule }   from '@angular/forms';

@Component({
  selector: 'my-app',
  template: `
<strong><input type="checkbox" [(ngModel)]="checkValue">有効、無効を切り替え</strong><br />
 
<strong>1)[disabled] ボタンの有効無効を切り替え</strong>
  <button class="btn btn-success" [disabled]="checkValue">ボタン</button><br />
<strong>2)[checked] チェックボックスのチェックを切り替え</strong>
  <input type="checkbox" [checked]="checkValue">最上部チェック有効<br />
<strong>3)[readonly] 読込専用を切り替え</strong>
  <input type="text" [readonly]="checkValue" value="最上部チェックで読込専用"/><br />
<strong>4)[selected] 選択、未選択を切り替え</strong>
  <select>
    <option selected>選択肢1</option>
    <option>選択肢2</option>
    <option [selected]="checkValue">最上部チェックで有効</option>
  </select>
  `
})
export class AppComponent {
}

@NgModule({
  imports: [
    BrowserModule,
    FormsModule
  ],
  declarations: [
    AppComponent
  ],
  bootstrap: [ AppComponent ]
})
export class AppModule { }

platformBrowserDynamic().bootstrapModule(AppModule);

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です