mysqladminコマンドでMySQLサーバーの状態確認

mysqladminコマンドによってMySQLサーバーが稼動しているかどうか、スレッドがどのような状態か確認してみます。

(1)サーバーが動作しているかを確認


 
“mysqladmin ping”コマンドで確認できます。
 
(実行例)
$ mysqladmin ping -u root -p
Enter password:
mysqld is alive

 

(2)どのスレッドが起動しているか表示


 
“mysqladmin processlist”コマンドで確認できます。
 
(実行例)
$ mysqladmin processlist -u root -p
Enter password:
+----+------+-----------+----+---------+------+-------+------------------+
| Id | User | Host      | db | Command | Time | State | Info             |
+----+------+-----------+----+---------+------+-------+------------------+
| 10 | root | localhost |    | Sleep   | 5335 |       |                  |
| 54 | root | localhost |    | Query   | 0    |       | show processlist |
+----+------+-----------+----+---------+------+-------+------------------+


 

(3)MySQLサーバーのステータス情報を確認


 
“mysqladmin status”コマンドで確認出来ます。
 
(実行例)
$ mysqladmin status -u root -p
Enter password:
Uptime: 8156 Threads: 2 Questions: 455 Slow queries: 0 Opens: 34 Flush tables: 1
Open tables: 27 Queries per second avg: 0.55

 
●mysqladmin statusの出力項目の説明
 
・Uptime
 MySQL サーバーが稼動している秒数。
・Threads
 アクティブスレッド (クライアント) の数。
・Questions
 サーバー稼動後、クライアントからのクエリーの数。
・Slow queries
 long_query_time 秒よりも時間を要したクエリーの数。
・Opens
 サーバーによって開かれたテーブルの数。
・Flush tables
 サーバーが実行した flush-*、refresh、reload コマンドの数。
・Open tables
 現在開いているテーブルの数。
・Memory in use
 mysqld によって直接割り当てられたメモリーの量。–with-debug=fullでコンパイルされたときのみ表示。
・Maximum memory used
 mysqld によって直接割り当てられたメモリーの最大量。–with-debug=fullでコンパイルされたときのみ表示。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です