awkを使ってmysqlshowの必要な列のみ表示

mysqlshowコマンドはOSのコマンドラインから入力するのでOSのツールと連携して実行できます。awkを使ってmysqlshowで出力される項目の必要な部分のみ表示できます。

mysqlshowコマンドの基本的な使い方は下記を参照ください。
mysqlshowコマンドで簡単にデータベース、テーブル定義の確認
 

テーブルのカラム定義を表示する


 
デフォルトだとたくさんの項目が表示され見づらい状態なのでawkを使って必要な項目のみ表示します。
 
awkコマンドは、下記書式で指定します。
 
awk -F”区切り文字” ‘{ print $1 $2 ・・}’
 
$1、$2の部分で区切り文字で区切った列番号を指定して表示したい項目を設定します。
 

テーブル定義のカラム名、タイプ、Null可否、キー、デフォルトの項目のみ表示したい場合


 
$ mysqlshow -u root -p wpjpn wpjpn\\_comments | awk -F”|” ‘{ print $2 $3 $5 $6 $7 }’
Enter password:

 Field                 Type                 Null  Key  Default

 comment_ID            bigint(20) unsigned  NO    PRI
 comment_post_ID       bigint(20) unsigned  NO    MUL  0
 comment_author        tinytext             NO
 comment_author_email  varchar(100)         NO
 comment_author_url    varchar(200)         NO
 comment_author_IP     varchar(100)         NO
 comment_date          datetime             NO         0000-00-00 00:00:00
 comment_date_gmt      datetime             NO    MUL  0000-00-00 00:00:00
 comment_content       text                 NO
 comment_karma         int(11)              NO         0
 comment_approved      varchar(20)          NO    MUL  1
 comment_agent         varchar(255)         NO
 comment_type          varchar(20)          NO
 comment_parent        bigint(20) unsigned  NO    MUL  0
 user_id               bigint(20) unsigned  NO         0


 

テーブルの詳細情報を整理して表示する


 
$ mysqlshow -u root -p wpjpn wpjpn\\_comments -i | awk -F”|” ‘{ print $2 $3 $4 $5 $6 $7 $8 }’
Enter password:

Name Engine Version Row_format Rows Avg_row_length Data_length
wpjpn_comments MyISAM 10 Dynamic 3 242 728

$ mysqlshow -u root -p wpjpn wpjpn\\_comments -i | awk -F”|” ‘{ print $9 $10 $11 $12 $13 }’
Enter password:

Max_data_length Index_length Data_free Auto_increment Create_time
281474976710655 6144 0 4 2013-10-08 10:53:24

$ mysqlshow -u root -p wpjpn wpjpn\\_comments -i | awk -F”|” ‘{ print $14 $15 $16 $17 }’
Enter password:

Update_time Check_time Collation Checksum
2013-11-26 22:44:26 2013-10-08 10:53:24 utf8_general_ci

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です