Apacheのhttpdサービスの使用方法

Apacheのhttpサービスの使用方法をまとめました。

1)httpd サービスを実行
 
# service httpd start
 
※ブート時にサービスを自動的に起動させる
 
# chkconfig httpd on
 
2)サービスの停止
 
# service httpd stop
 
3)サービスの再開始
 
①サービスを全面的に再開始
 
# service httpd restart
 
実行中のhttpdサービスを停止して、それからそれを再開始する。
 
PHPなどの動的にロードしたモジュールのインスト-ル後や削除後にこのコマンドを使用する。
 
②設定を再ロードするだけの場合
 
# service httpd reload
 
実行中のhttpdサービスが設定ファイルを再ロードするようにする。
 
注意すべき点は、現在プロセス中の要求はいずれも割り込みされることになり、クライアントのブラウザーがエラーメッセージを表示したり、ページの一部のみを描写する可能性がある。
 
③アクティブな要求に影響なく、設定ファイルを再ロードする
 
# service httpd graceful
 
実行中のhttpdサービスは設定ファイルを再ロードするようになる。
 
この場合は、現在プロセス中の要求はいずれも古い設定を使用することになる。
 
4)サービスステータスの確認
 
# service httpd status
 
5)設定をチェック
 
# service httpd configtest
Syntax OK

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です