レンタルサーバー(VPS)にmanをインストール

レンタルサーバー(VPS)の初期状態では、manが含まれていない場合があります。
※”お名前.com”のレンタルサーバーではインストールされていない状態でした。

レンタルサーバー(VPS)にSSHでログインして、rootユーザーにスイッチします。
そして、rpmコマンドで、manがインストールされているか確認します。
実行例)

$ su -
Password:
# rpm -qa | grep man
libsemanage-2.0.43-4.1.el6.x86_64

上の実行例のように”manーxxxx”と表示されていない場合は、manがインストールされていません。
 

manをインストール


 
yumコマンドを使用してmanをインストールします。
 
実行例)

# yum install man
 :
Installed:
  man.x86_64 0:1.6f-30.el6                                                      
 
Dependency Installed:
  xz.x86_64 0:4.999.9-0.3.beta.20091007git.el6                                  
  xz-lzma-compat.x86_64 0:4.999.9-0.3.beta.20091007git.el6                      
 
Complete!

 

manを日本語表示にする


 
実際にmanコマンドを使用してman自体のマニュアルを表示してみます。
“man man”と入力してコマンドを実行します。
 
マニュアルが英語で表示された場合は、言語の設定が英語になっています。
環境変数”LANG”を日本語に設定します。
 
実行例)

# echo $LANG
en_US.UTF-8
# export LANG=ja_JP.utf8

再度、”man man”を実行し、日本語で表示される事を確認します。
 
※日本語設定については以下の記事も参照。
日本語設定、シェル環境設定

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です