PHPの設定メモ

PHPの設定に関して対応に困った点やトラブルが発生した項目を備忘としてまとめています。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

php.iniの保存場所
php.iniファイルの保存場所は以下の方法で確認できます。
 
〇CentOS6.9、PHP 7.1.8(RPM版)での確認例

$ rpm -qc php | grep php.ini
$ rpm -qc php-common | grep php.ini
/etc/php.ini

phpパッケージ内にあるファイルかと思ったのですが、php-commonというパッケージ内にありました。

PHP実行中に”Maximum execution time of 30 seconds exceeded”
PHPのプログラム実行中に下記エラーが発生しました。
Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded
 
PHPの処理時間が30秒を超えるとこのようなエラーが出るようです。
 
この30秒の設定は、php.iniで設定されています。
0を指定すると、タイムアウトせずにずっと待ち続けるようです。
 
(php.iniの設定変更)
変更前
max_execution_time = 30;
 
変更後
max_execution_time = 0;

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です