PHPでタイムスタンプをログファイルに記録

PHPでタイムスタンプをログファイルに記録する方法を備忘としてまとめました。

1)タイムゾーンの設定


 
●タイムゾーンを設定しない場合
 
下記のような警告が表示されます。php.iniファイルでdate.timezoneを設定するかdate_default_timezone_set()関数を実行し、タイムゾーンを設定します。
 
Warning: date(): It is not safe to rely on the system’s timezone settings. You are *required* to use the date.timezone setting or the date_default_timezone_set() function. In case you used any of those methods and you are still getting this warning, you most likely misspelled the timezone identifier. We selected the timezone ‘UTC’ for now, but please set date.timezone to select your timezone.
 
●php.iniにタイムゾーンを設定
 
下記のように設定します。
 
date.timezone = ‘Asia/Tokyo’
 

2)サンプルコード


 
php.iniでdate.timezoneを設定していない場合、date_default_timezone_set関数でタイムゾーンを設定します。
 
両方設定されている場合は、date_default_timezone_set関数の結果が優先されます。

<?php

#date_default_timezone_set('Asia/Tokyo');
$log_output = date("Y-m-d H:i:s") . " テストログ出力\r\n";
$fp = fopen('log\test.log', 'a');
fwrite($fp, $log_output);
$log_output = date("Y-m-d H:i:s") . " スクリプト終了\r\n";
fwrite($fp, $log_output);
fclose($fp);

?>
関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です