PHPの変数、スコープ

PHPの変数の宣言、初期化、スコープ、定数などについてまとめています。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

変数
・変数は先頭に記号$の付いた文字列で表される。
 
〇参照
・デフォルトでは、変数に代入されるのは常にその値。
・参照により代入を行うには、代入する変数の先頭にアンパサンドを加える。
 
〇初期化
・PHPでは変数を初期化する必要はない。
(エラーレベルの設定によってはE_NOTICEレベルの警告を発生する)
・初期化されていない変数の値は、状況に応じたその型のデフォルト値(boolean:FALSE、integer、float:ゼロ、文字列:空の文字列、配列:空の配列)となる。
・変数が初期化されているかどうかの判断には、isset()を使用する。

変数のスコープ
・ユーザー定義の関数の中では変数の有効範囲はローカル関数の中となる。
 
〇グローバル宣言
・globalキーワードを使って変数を宣言。
 
〇静的(static)変数
・staticキーワードを使って変数を宣言。
・静的変数はローカル関数スコープのみに存在するが、プログラム実行がこのスコープの外で行われるようになっ てもその値を失わない。

定数
・定数は簡単な値のためのID(名前)。
・定数の値は スクリプト実行中に変更できない。
・慣習的に、定数は常に大文字で表記される。

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です