PHPの型の概要、種類

PHPの型の概要、種類などについてまとめています。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

PHPの型システムの概要
・変数の型は、基本的にプログラマが設定することなく、その変数が使用される文脈に応じ、PHPが実行時に決定する。
 
・式の型を知りたい場合はgettype()を、型と値を知りたい場合は、var_dump()を使用する。
型をチェックする場合にはis_type関数を使用する。

スカラー型
〇文字列(string)
 
〇整数(integer)
・integerに値を明示的に変換するには、キャスト(int)または(integer)のどちらかを使用する。
 しかし、多くの場合、演算子、関数、制御構造がinteger引数を必要とする場合、値は自動的に変換されるため、 キャストを使用する必要はない。
・関数intval()を用いて値を整数に変換することも可能。
 
〇浮動小数点数(float,double)
・NaN
浮動小数点演算における未定義の値あるいは表現不能な値を表す。
 
〇論理型(boolean)
・以下の値はFALSEとみなされる。
integerの0、floatの0.0、空の文字列、および文字列の”0″、要素の数がゼロである配列、NULL

複合型
〇オブジェクト(object)
 
〇配列(array)
・PHPの配列は、実際には順番付けられたマップ。
マップは型の一種で、値をキーに関連付ける。
・配列としてだけでなく、リスト(ベクター)、 ハッシュテーブル(マップの実装の一つ)、辞書、コレクション、スタック、 キュー等として使用することが可能。
・PHPの配列には他のPHP配列を値として保持することができるため、 非常に簡単にツリー構造を表現することが可能。
 
〇リソース(resource)
・リソースは特別な変数であり、外部リソースへのリファレンスを保持している。
・リソースは、特別な関数により作成され、使用される。
 
〇ヌル(null)
・NULL値は、ある変数が値を持たないことを表す。
・NULLは、null型の唯一の値。
 
〇コールバック(callable)

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です