PHPのクラス操作の概要

PHPのクラス操作の概要をまとめています。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

プロパティ
・プロパティを定義するには public、protected、private のいずれかのキーワードのあとに通常の変数の宣言を続ける。
 
〇アクセス権
http://php.net/manual/ja/language.oop5.visibility.php

オブジェクト定数(クラス定数)
・通常の変数とは異なり、定義または使用する際に$記号を付けない。
例)
const CONSTANT = ‘constant value’;

コンストラクタ、インスタンスの生成
●コンストラクタ
 
・コンストラクタメソッドを有するクラスは、新たにオブジェクトが 生成される度にこのメソッドをコールする。
・これにより、そのオブジェクトを使用する前に必要な初期化を行うことができる。
void __construct ([ mixed $args = “” [, $… ]] )
 
●クラスのインスタンスの生成
 
・newキーワードを使用。

クラス定義と操作例
●プロパティがpublicの場合のクラス定義と操作例
 

class Member1{
  public $id;
  public $name;

  public function __construct($id,$name) {
    $this->id = $id;
    $this->name = $name;
  }
}

$member1 = new Member1(1,'相田');
print $member1->id . "\n";
print $member1->name . "\n";
$member1->name = '相川';
print $member1->name . "\n";

 
●プロパティがprivateの場合のクラス定義と操作例
 

class Member2{
  private $id;
  private $name;

  public function __construct($id,$name) {
    $this->id = $id;
    $this->name = $name;
  }

  public function setName($name){
    $this->name = $name;
  }
  public function getName(){
    return $this->name;
  }
}

$member2 = new Member2(2,'飯田');
print $member2->getName() . "\n";
$member2->setName('井川');
print $member2->getName() . "\n";

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です