bashでの式の評価と算術演算

bashでの式の評価と算術演算についてmanなどを読んで確認しました。。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

((…))制御構造
〇構文
((expression))
・算術演算の結果が非ゼロの場合、リターンステータスは0
 算術演算の結果がゼロの場合、リターンステータスは1
 
〇実行例

(スクリプト)
#!/bin/bash
((a=5+1))
echo "((a=5+1))のリターンコード:"$?
echo "((a=5+1))の実行結果:"$a
((a=5-5))
echo "((a=5-5))のリターンコード:"$?
echo "((a=5-5))の実行結果:"$a
 
(実行結果)
((a=5+1))のリターンコード:0
((a=5+1))の実行結果:6
((a=5-5))のリターンコード:1
((a=5-5))の実行結果:0

letステートメント
〇構文
let intvar=expression
・数値演算式を評価したあと、結果を変数に代入することができる。
 
〇注意点
・変数の代入では、イコールの両側にスペースを置くことはできない。
 
〇実行例

(スクリプト)
#!/bin/bash

let x=2+3
echo $x
let x='2 + 4'
echo $x
let x='(3+5) * 3'
echo $x
 
(実行結果)
5
6
24

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です