bashでの式の評価と算術演算を再確認

bashでの式の評価と算術演算についてmanで確認し、今まで理解できていなかったことを備忘として残しました。

●書式
((expression))
 
・算術演算の結果が非ゼロの場合、リターンステータスは0
 
算術演算の結果がゼロの場合、リターンステータスは1
 
・letと同じ。
 
●実行例
 
(スクリプト)
#!/bin/bash
((a=5+1))
echo “((a=5+1))のリターンコード:”$?
echo “((a=5+1))の実行結果:”$a
((a=5-5))
echo “((a=5-5))のリターンコード:”$?
echo “((a=5-5))の実行結果:”$a
 
(実行結果)
$ ./math.sh
((a=5+1))のリターンコード:0
((a=5+1))の実行結果:6
((a=5-5))のリターンコード:1
((a=5-5))の実行結果:0

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です