Windows7にPHP CURLを導入し、Webページを取得

Windows7にphp curlを導入し、Webページを取得する手順を備忘として残しました。

(1)PHPのインストール、設定


 
1)インストール
 
VC9のスレッドセーフ版を使用しました。
VC9 x86 Thread Safe (2013-Jan-16 21:52:07)
 
解凍して、”c:/php”配下に置きました。
 
2)php.iniファイルの作成
 
“php.ini-development”をコピーして、”php.ini”にリネームしました。
 
 

(2)CURLの設定


 
1)php.iniファイルの変更
 
モジュールを使用できるように、下記部分を設定します。
 
extension_dir = “c:/php/ext”
extension=php_curl.dll
 
2)libeay32.dll、ssleay32.dllを使用するためのPATHの設定
 
公式サイトに下記記述があったため、Pathの設定をしました。
 
######################
注意: Win32 ユーザーへの注意
このモジュールを Windows 環境で使用可能とするには、 libeay32.dll および ssleay32.dll がPATH の通った場所に存在する必要があります。 cURL のサイトにある libcurl.dll は不要です。
######################
 
libeay32.dll、ssleay32.dllは、php.iniと同じphpディレクトリ内にありましたので、phpディレクトリのパスをシステム環境変数Pathに追加しました。
 
 

(3)簡単なサンプルプログラムで動作確認


 
1)サンプルプログラム作成
 
$targetの部分に取得したいWebページのURLを指定します。

<?php
$target = "http://localhost";
$sc = curl_init();
curl_setopt($sc, CURLOPT_URL, $target);
curl_setopt($sc, CURLOPT_RETURNTRANSFER, TRUE);
$return = curl_exec($sc); 
curl_close($sc);
var_dump($return);
?>

 
※上記コードの説明
 
①セッションを初期化
curl_init();
 
②ページを取得するターゲットのURLを設定
curl_setopt($sc, CURLOPT_URL, $target);
 
③結果を文字列として受け取るように指定
curl_setopt($sc, CURLOPT_RETURNTRANSFER, TRUE);
 
④セッション実行
$return = curl_exec($sc);
 
⑤セッションクローズ
curl_close($sc);
 
⑥取得結果出力
var_dump($return);
 
2)コマンドプロンプトで実行
 
C:\>php test.php
string(44) “<html><body><h1>It works!</h1></body></html>”

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です