TypeScriptでの配列操作

TypeScriptでの配列操作についてまとめています。

※目次をクリックすると目次の下部にコンテンツが表示されます。

JavaScriptでの配列操作
・JavaScriptの配列は、Array.prototypeから継承されたもの。
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Global_Objects/Array
・宣言するときに、配列の要素数を指定する必要がない。JavaScriptがリサイズしてくれる。
・配列の要素の型を指定する必要がない。異なる型の要素が混在できる。
 
●配列の作成
 
〇構文
[element0, element1, …, elementN]
new Array(element0, element1[, …[, elementN]])
new Array(arrayLength)
 
例1)
var demoAry = new Array();
demoAry[0] = 32;
demoAry[1] = “東京都新宿区”;
demoAry[2] = true;
 
例2)
var demoAry = [32, “東京都新宿区”, true];

TypeScriptでの配列操作
TypeScriptでは、型注釈、クラスを使用できます。
 

1)クラスの配列の作成


 
①constructorなしの場合の例

export class Member {
  id: number;
  name: string;
}

var MEMBERS: Member[] = [
  { id: 11, name: '相田' },
  { id: 12, name: '飯田' },
];

 
②constructorありの場合の例

export class Member1 {
  id: number;
  name: string;
  constructor(id: number, name: string) {
    this.id = id;
    this.name = name;
  }
}

var MEMBERS1: Member1[] = [
  new Member1(11, '相田'),
  new Member1(12, '飯田'),
];

 

2)Forループの配列の要素にアクセス


 

for (var i = 0; i < MEMBERS1.length; i++) {
  console.log("id: " + MEMBERS1[i].id + ",name: " + MEMBERS1[i].name);
  console.log("ID: " + MEMBERS1[i]["id"] + ",NAME: " + MEMBERS1[i]["name"]);
}

 

3)配列に要素を追加


 
①配列の最後に要素を追加
MEMBERS1.push({ id: 19, name: '謙田' });
MEMBERS1.push(new Member1(19, '謙田'));
 
②配列の先頭に要素を追加
MEMBERS1.unshift({ id: 20, name: '小林' });
MEMBERS1.unshift(new Member1(20, '小林'));
 

4)指定した範囲の配列要素をリターン


 
var MEMBERS2: Member1[] = MEMBERS1.slice(1,8);
 

5)配列内の要素をソート


 
●構文
array.sort(compareFunction);
 
〇compareFunction
・ソート順を定義する関数を指定
・ompareFunction(a, b) が 0 未満の場合、a を b より小さい添字にソート。
・compareFunction(a, b) が 0 より大きい場合、b を a より小さい添字にソート。
 
例)

MEMBERS2.sort((a: Member1, b:Member1) => {
  if (a.id > b.id) {
    return 1;
  }
  if (a.id < b.id) {
    return -1;
  }
    return 0;
});

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です