AngularJSの有効、無効を切替えるディレクティブ

AngularJSのビルトインのディレクティブを使って、ある特定の属性を追加して有効、無効を切替える事が出来ます。

デモとコードサンプルはこちら
 
input要素のreadonly、チェックボックスのchecked、option要素のselected、button要素のdisabledは、属性名と値のペアで指定せず、属性名を指定するかしないかで有効、無効を切替えています。
 
他の属性のように値に対してバインディングして値を割り当てて切替える事が出来ません。しかし、下記に示す専用のディレクティブが用意されていてそのディレクティブを使って有効、無効を切替える事が出来ます。
 
1)ng-disabledでボタンの有効無効を切り替え
 
下記例では、”checkValue”の値がtrueの場合はその要素に動的に”disabled”属性を追加し、ボタンを無効にします。
<button class=”btn btn-success” ng-disabled=”checkValue”>ボタン</button>
 
2)ng-checkedでチェックボックスのチェックを切り替え
 
下記例では、”checkValue”の値がtrueの場合はその要素に動的に”checked”属性を追加し、チェックされた状態になります。
<input type=”checkbox” ng-checked=”checkValue”>最上部チェック有効
 
3)ng-readonlyで読込専用を切り替え
 
下記例では、”checkValue”の値がtrueの場合はその要素に動的に”readonly”属性を追加し、読込専用の状態になります。
<input type=”text” ng-readonly=”checkValue” value=”最上部チェックで読込専用”/>
 
4)ng-selectedで選択、未選択を切り替え
 
下記例では、”checkValue”の値がtrueの場合はその要素に動的に”selected”属性を追加し、選択された状態になります。
<select>
 <option selected>選択肢1</option>
 <option>選択肢2</option>
 <option ng-selected=”checkValue”>最上部チェックで有効</option>
</select>

関連記事の目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です